ブログblog

神奈川県横浜市でパソコンを処分する方法は?小型家電の回収・リサイクルが適用される場合も


神奈川県横浜市でパソコンを処分する場合について、方法や注意点等を調査しました。
不要になったものの、処分に困っているパソコンをお持ちの横浜市にお住まいの方は是非ご覧ください。

横浜市でパソコンを処分する方法

横浜市でパソコンを処分する方法

横浜市でパソコンを処分するには

神奈川県横浜市ではパソコンの処分に関しては、製造メーカーによる自主回収・リサイクルが義務付けられています。
こちらは努力目標ではなく、資源有効利用促進法に基づくものです。
PCリサイクルマークがついているパソコンやディスプレイは製造メーカーが無料で回収し、処分します。
また、以下のようにリサイクルの責任を負う業者が存在しないパソコンに関しても一般社団法人パソコン3R推進協会が回収を行っています。

  • PCリサイクルマークがついていない
  • 自作のパソコン
  • 海外メーカー製

小型家電リサイクル法に基づくパソコンの処分も可能

神奈川県横浜市では小型家電リサイクル法にてパソコンの処分も可能です。
小型家電リサイクル法とは、デジタルカメラやゲーム機等、小型の電子機器の再資源化促進のための法律です。
認定事業者が回収しますので、不要になったパソコンは、横浜市の認定業者に回収してもらう方法もあります。
ちなみに宅配での回収を行っている認定業者もあります。

横浜市としてもパソコンの回収を行っています

民間業者だけではなく、横浜市も独自に小型家電回収BOXにて無料での回収を行っています。
ただしこちらは回収ボックスの30cm×15cmの投入口に入ることが条件です。
基本的に長さ30cm未満のパソコンやディスプレイを対象にしており、回収ボックスに投入できない大きなサイズのパソコンやディスプレイに関しては、残念ながら対象外です。
小型家電回収BOXは横浜市の以下窓口などにて受け付けています。

  • 各地区センター
  • 市庁舎
  • 区役所
  • 資源循環局事務所
  • 資源循環局焼却工場

横浜市でパソコンを処分してお金にしたい場合の選択肢は?

横浜市でパソコンを処分してお金にしたい

先に紹介した横浜市が用意している方法は、無料での処分が可能です。
パソコンをゴミとして処分するのであれば有効な手段になりますが、お金に変えたいのであればこれから紹介する下記の選択肢があります。

パソコン専門業者に買い取ってもらう

パソコン専門業者に依頼し、処分したいパソコンを買取ってもらうことでお金になります。
横浜市には中古パソコンの買取を行っている専門業者が多々ありますので、程度・状態の良いパソコンであれば、無料で処分するよりも、買取ってもらうことでお金に変えることができます。
ただし専門業者は買い取ったパソコンを再販します。
資源として有効活用するのではなく、あくまでも中古パソコンとして再販するために買取を行っています。
そのため、中古でも販売できないと判断された場合、買取に応じてもらえなかったり、購入時とは比較できないほどの安価での買取額となってしまうケースもあります。
逆に価値のあるパーツが使われている場合、思いもよらない高額買取が実現する可能性もあります。

フリマアプリやネットオークションで処分する

フリマアプリ、ネットオークション等、アプリを活用してパソコンを処分することも可能です。
設定した金額での買取希望者がいれば、無料ではなく、お金を得ることができます。
しかし個人間での売買の場合、すべて自己責任になります。
すべて個人情報は消去して渡したとしても、データ復元システム等を使って個人情報を復元・入手し、悪用される可能性がゼロとは言い切れません。
また、必ず売れるとは限りません。
出品されているパソコン、そして値段との兼ね合いを魅力だと感じ、購入を希望する人がいれば処分が可能になりますが、購入希望者がいなければ処分が進みません。

友人や知人に譲って処分する

パソコンを欲しがっている友人や知人に譲るのもよいでしょう。
無料ですし、ゴミとして処分するのではなく、使用してもらうことになるのでリサイクルという点からも優れている方法です。
但し、パソコンを欲しがっている友人や知人を探す手間や、個人売買同様、個人情報の取り扱いに注意しましょう。
また、譲ってもらったもののすぐにパソコンが故障してしまった場合、どちらの責任なのかで揉めてしまうことにもなりかねません。
きちんと責任の所在を決めておく必要があります。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者もまた、横浜市に多々ありますが、パソコンの回収に対応している業者に依頼して処分する方法もあります。
不用品回収業者に依頼するメリットとしては、古いパソコンでも回収してくれる点です。
専門業者のように、価値の無いパソコンだからと買取を拒否されることもなければ、フリマアプリやネットオークションのように、購入希望者の登場を待つ必要もありません。
また、パソコンだけではなく他にも処分したいアイテムがある場合、一緒に処分を依頼できる点がメリットです。
注意点としては、不用品回収業者も様々なので、すぐに対応してくれる不用品回収業者もいれば、忙しいので処分まで時間がかかる業者もあります。
前もってどれくらい時間がかかるのかや、費用に関して問い合わせておきましょう。

横浜市でパソコンを処分する時の注意点

横浜市でパソコンを処分する女性

横浜市では、パソコンを処分する方法が多々ありますが、どのような方法であっても注意する点がいくつかあります。
パソコンの処分を実行する前に、これらはよく覚えておきましょう。

パソコンは個人情報の宝庫

パソコンには生年月日から住所、性別、趣味、さらにはクレジットカード番号や銀行口座、それらのパスワードなど個人情報が多々詰まっている、まさに「個人情報の宝庫」です。
データをそのままにして処分に出さないのはもちろんですが、HDDを消去したとしても、悪意のある人間がデータ復旧装置等で情報を取り戻すことが可能なので、個人情報流出・漏洩のリスクがあります。
そのため、パソコンの処分を考えているのであれば、HDDの消去はもちろんですが、物理的に損傷を与えるなど、個人情報の抽出が行えなくなるよう、起動できない状態にすることも大切です。

横浜市の処分に関する細かいルールを確認しておこう

神奈川県横浜市ではパソコンの処分に関して、いくつかの選択肢が用意されていますが、利用を考えている処分の方法に関しては、細かいルールも把握しておきましょう。
例えば地区センターに関してはそれぞれ開館・閉館時間が異なります。
リサイクルマークがあるパソコンであれば製造メーカーが無料で回収しますが、リサイクルマークのない2003年10月以前に販売されたパソコンの処分は有料です。
また、民間の認定事業者に関してもそれぞれ営業時間が異なります。
パソコン回収を行っている点は共通しているものの、回収までのプロセスに関してはそれぞれルールが異なりますので、ルールは必ずチェックしておきましょう。

横浜市でパソコンを処分するならまずはパソコンのチェックから

横浜市でパソコンを処分する

神奈川県横浜市では行政・民間一体となって、パソコン処分を含めたリサイクル環境を整備しています。
無料処分が可能なパソコンもあります。
まずは自分が処分しようとしているパソコンは、誰が回収責任を持っているか、どのような方法で回収が可能かなど事前に調べておきましょう。
事前に調べておくことで、ある程度回収のベストな選択肢が分かります。
フリマアプリやネットオークションといった方法も含め、どのような形での処分が良いのかを確認するためにも、まずは回収先が製造メーカーなのか、パソコン3R推進協会なのか、横浜市なのか、あるいは小型家電リサイクル認定事業者なのか、それぞれの特徴や回収条件を把握しておきましょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=