ブログblog

千葉県市川市では不用品の買取・リユースを推奨〜買取ショップの一例や、買取不可商品の処分方法についても紹介〜


千葉県市川市では、ゴミ削減・環境問題への取り組みとしてリサイクルを推奨しています。
ゴミ削減や環境問題は、多くの自治体が独自に取り組んでいる現状です。

市川市では公式ホームページにて市内のリユースショップを紹介し、不用品買取によるリユース・リサイクルを推奨しています。
なぜ市川市がここまで積極的に動くのか、その事情や紹介されている店舗をご紹介します。

千葉県市川市では不用品の買取・リユースを推奨〜買取ショップの一例や、買取不可商品の処分方法についても紹介〜

千葉県市川市で不用品買取が推奨されている背景

千葉県市川市で不用品買取が推奨されている背景

市川市として不用品買取を推奨している背景はいくつかあります。
背景を知ると、行政が不用品買い取りを推奨するに至った理由も見えてきます。

ゴミ問題に悩まされていた

ゴミの問題は、市川市に限らず多くの自治体にとって悩みの種です。
地域特有の問題もあるでしょう。
また、持っているゴミ処理場の焼却能力、ゴミの処分事情等はそれぞれ異なるものです。

市川市に関しては、最終処分場がないことが問題となっています。
そのため市外で処分したり、あるいは埋め立てなどでゴミを処理していました。

しかし、埋め立て費用だけで年間5億円かかっているなど、ゴミが行政の財政を圧迫していたのです。
処分場は簡単に作れるものではありません。
しかし、日々生まれるゴミは処分しなければなりません。
結局は埋め立てや市外での処分に頼らざるを得ず、莫大な費用が生じていたのです。

クリーンセンターの建て替えが迫っていた

市川市では、ゴミを一時的に保管するクリーンセンターの老朽化に悩まされていました。
建て替え計画もあるのですが、ゴミの量が多ければ建て替えの費用も多額になります。
クリーンセンターの建て替え費用を抑えるためには、ゴミの量を減らすしかありません。

そもそも、ゴミを減らす理由は市川市の厳しい財政事情も絡んでいます。
そのため、不用品買取業者の紹介など、ゴミのリユースを推奨することになったのです。

ゴミの分別が不十分

平成29年度の調査によると、市川市ではゴミの分別が不十分なことからゴミの処理に手間がかかっていました。
ゴミ処理に多くのリソースを割かなければならず、さらには環境問題の面から見ても好ましいものではなく、苦慮していたのです。
適切にゴミが分別されていれば、リソースがかなり軽減されていたでしょう。

千葉県市川市が行った不用品買取以外のゴミ対策

千葉県市川市が行った不用品買取以外のゴミ対策

ゴミを少しでも減らいたいと考えている市川市では、不用品買取、リユース・リサイクルを推奨することでゴミの減量を図っています。
他にもいくつかの施策を打ち出し、ゴミの量を減らそうと努めています。

平成30年に制定したガイドラインによると、市民1人当たり一日100gのゴミの削減が理想とのことです。
目標達成のために、以下のような様々な施策を打ち出しています。

ゴミ収集回数を削減

市川市ではゴミの回収日を以下のように減らしました。

  • 燃やすゴミ:週3回 → 週2回
  • 燃やさないゴミ:週1回 → 月2回
  • ビン・缶:週1回 → 月2回

ゴミが減らすためにはゴミを頻繁に回収しないとの考えからでした。
この施策に関しては、結局はゴミを出す量が変わらないので不便になっただけとの声も寄せられたようです。

しかし、ゴミの減量には成功しました。
その後は紙おむつ等の特定のゴミに対しては日数を増やすといった調整を行い、市川市民の利便性の向上に務めています。

ゴミ分別アプリの導入

市川市では、行政がゴミ分別アプリを導入しました。
ゴミの分別ルールが厳しくなると、ゴミを出せなくなるとの声も強まるものです。

しかし、ゴミのルール等を記載したアプリを配信することで市川市民にゴミ出しルールを分かりやすく説明しました。
行政として細かい部分にまで気を配り、ゴミ対策を行っていることが分かります。

学校にて環境学習

市川市では市内の学校からモデル校を選出し、ゴミに関する実証事業を進めています。
特に若年層にゴミに対して興味を持ってもらうための、以下のような施策を実行中です。

  • 環境問題に重点を置いた授業
  • 生ゴミコンポストの普及促進の周知

団体活動促進による報奨金交付

市川市では、以下のような団体がゴミ問題に取り組んだ場合、活動に応じた報奨金を交付しました。

  • 自治会
  • 子供会
  • PTA
  • 高齢者クラブ

また、家庭から出るゴミを減らすために、市川市ではコンポスト容器購入費の補助を行っています。

積極的な情報発信

市川市の公式ホームページや広報誌等にて、ゴミ問題に関しての積極的な情報発信も行われました。
ゴミ問題は特定の人間だけが意識するのでは不十分です。
一人でも多くに知ってもらうことが大切だとの考えから、積極的にゴミに関する情報を発信するようになりました。

千葉県市川市が推奨するリユースについて

千葉県市川市が推奨するリユースについて

市川市では家庭で不要になった製品のリユースショップ活用を啓蒙しています。
大まかに以下の製品ジャンルを設定し、いくつかのリユース店舗を市川市の公式ホームページに掲載しました。

  • 家具
  • 家電製品
  • 衣類
  • バッグ
  • ベビー用品
  • 貴金属
  • 楽器
  • 自転車
  • スポーツ用品
  • 玩具・ぬいぐるみ
  • 贈答品
  • 着物・和装小物

不用品をゴミとして捨てるのではなく、買取ってもらうよう推奨しています。

どのような店舗が不用品買取店として掲載されているのか

市川市の公式ホームページに掲載されている不用品買取店は、大手リサイクルショップや老舗の和服買取店、スポーツ用品買取店です。
大手である点や、市川市の行政のホームページに掲載されている点から安心して利用できると考えてよいでしょう。

買取不可のものもある点は注意

紹介されているのは民間のリサイクルショップ等になります。
行政が推奨しているものの、買取不可の不用品もあります。

買取る側としても、再利用を念頭に置くので、あまりにも状態が悪いものは買取不可です。
その場合、市川市が制定しているゴミの出し方に則ってゴミとして処分することになります。

買取に関する問い合わせは市川市ではなく店舗に

市川市の公式ホームページに掲載されている店舗ではあっても、買取に関しての問い合わせは市川市ではなくお店に直接行います。
市川市としては、あくまでもリユース・リサイクルの方法を推奨しているのであって、個別案件までフォローはしていません。
「これは売れるのか」「これは何円で売れるのか」といった点は店舗に直接連絡しましょう。

出張買取を行っている店舗もある

市川市の公式ホームページに掲載されている業者の中には、出張買取対応店もあります。
出張買取に関しても、詳しい問い合わせは店頭に直接行いましょう。

千葉県市川市ではゴミ問題に力を入れている

千葉県市川市ではゴミ問題に力を入れている

千葉県市川市はゴミを減らすために、行政として積極的に動いていることが分かります。
独自の最終処分場を持たない市川市では、様々なアイディアを凝らし、ゴミの減量に取り組んでいます。
不用品買取などリユースを推奨しているのも、少しでもごみを減らすためなのです。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=