ブログblog

廃棄だけじゃない!ギターを捨てる前に知っておきたい7つの処分方法


家の中を整理していて、出てきた昔のギターや、新しいものを購入するにあたって、不要になった古いギター。

あなたは、どう処分しようと考えていますか?

 

ギターの処分方法には、お金のかかるものからかからないもの、お金がもらえるものまで、7つの処分方法があります。

あなたにぴったりの方法が見つかるかもしれないので、ギターを処分するのは、すべての方法を知ってからでも、遅くはありません。

 

今回は、ギターの7つの処分方法について、説明していきます。

 

ギターの処分方法①自治体の粗大ゴミに出す

ギター 処分 ブログ01

ギターを自治体のゴミにそのまま出す場合は、粗大ゴミになります。

 

どの大きさから粗大ゴミになるかは、自治体によって異なります。

東京23区の場合は、一辺の長さが30cm以上、横浜市の場合は、50cm以上(金属製のものは30cm以上)のものが粗大ゴミです。

 

しかし、どちらにしても、ギターはそれよりも大きいため、どの自治体であっても、粗大ゴミには変わりありません。

同じ理由で、ギターアンプや、ギターのハードケースも、粗大ゴミになります。

 

ギターを粗大ゴミに出す方法は、以下のとおりです。

 

  1. 自治体の粗大ゴミ受付センターに申し込みをする
  2. 回収日までに粗大ゴミの処理券を購入し、処分するギターに貼る
  3. 回収日の回収時間までにギターを自宅(または敷地)の前に置いておく

 

以上で、ギターの処分は完了です。

ギターの処分にかかる費用は自治体によって異なりますが、いずれも数百円程度です。

 

繁忙期を除いて、申し込みから2週間ほどで回収してもらえます。

 

ギターの処分方法②解体して自治体の一般ゴミに出す

ギター 処分 ブログ02

お金をかけずにギターをゴミに出したい場合は、解体するのも1つの方法です。

解体して、一つひとつを30cm未満にすれば、一般ゴミとして、ゴミ収集所に出せます。

 

ギターの「ボディ」と「ネック」は、燃えるゴミです。

それ以外のパーツは、素材や自治体によって、何ゴミになるかが異なるので、お住まいの自治体のホームページを確認しましょう。

 

なお、内部配線などのケーブルは小型家電に該当するため、一般ゴミに出す以外に「小型家電回収ボックス」に投入することでも処分できます。

小型家電回収ボックスは、市や区の役所などに設置されています。

 

ギターの処分方法③買取店に買い取ってもらう

ギター 処分 ブログ03

まだ使えそうなギターなら、ゴミに出すより、買取店に買い取ってもらう方法もあります。

 

買取店では、ギターと一緒に、ギターアンプやケースも買い取ってもらえます。

また、査定金額は下がるものの、壊れていても、修理が可能なものであれば、買い取ってもらえるケースもあります。

 

査定金額を上げるためには、なるべく付属品を揃えて、ギター本体をきれいにしておくことが重要です。

 

買取には、以下3つのタイプがあります。

 

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取

 

出張買取なら、スタッフが自宅まで来て、その場で査定してくれます。

査定額に納得すれば、そのまま買い取ってもらえるため、手間がかかりません。

査定額に納得がいかない場合は、無料でキャンセルも可能です。

 

買い取りには、リサイクルショップを利用する方法もありますが、特に値打ちもののギターを処分する場合は気をつけましょう。

 

値打ちものであっても、リサイクルショップには、そのギターの価値が分からない場合があります。

この場合、買取店より、査定額がグッと低くなってしまいます。

 

ギターの処分方法④オークションやフリマアプリに出す

ギター 処分 ブログ04

値打ちもののギターなら、オークションやフリマアプリに出す方法もあります。

ギターマニアやコレクターの人によって、買取店の査定額より、高い値段で買ってもらえる可能性もあります。

 

ただし、オークションやフリマアプリでは、サービスの運営元への手数料がかかります。

出品するときは写真撮影、売れたときは梱包や配送などの手間がかかる点もデメリットです。

 

ギターの処分方法⑤友人や知人に譲る

ギター 処分 ブログ05

思い入れのあるギターを廃棄してしまうのは気が引けるという方は、ギターに興味のある友人や知人に譲ってもいいでしょう。

直接会う機会があるなら、直接渡してもいいですし、仲の良い友人なら、タダで譲ることを条件に、自宅まで取りに来てもらう方法もあります。

 

どちらにしても、処分の手間がかからず、時間をかけずに手放せるのも、譲ることのメリットです。

職場や学校などで、ギターが欲しいという人がいないか、探してみるといいでしょう。

 

ギターの処分方法⑥NPO法人などに寄付する

ギター 処分 ブログ06

Cropped image of female volunteer holding cardboard box of donated clothes and groceries

周囲にギターが欲しいという人が見つからなかった場合は、NPO法人などに寄付する方法もあります。

NPO法人に寄付すれば、物資を求めている人たちのところに、ギターを届けてもらえます。

 

直接は見られませんが、ギターが届いた先の人たちに喜んでもらえるのが、寄付することのメリットです。

 

NPO法人に寄付する場合、あくまで支援先の人たちにギターを使ってもらうことが目的なので、基本的に壊れているものは寄付できません。

 

また、寄付する際は、NPO法人にギターを配送する形になりますが、配送料は送り主の負担になります。

 

ギターの処分方法⑦不用品回収業者に回収してもらう

ギター 処分 ブログ07

最後の方法は、不用品回収業者に回収してもらう方法です。

不用品回収業者に依頼すれば、スタッフが自宅まで来て、ギターはもちろん、アンプやケースなどの周辺機材も回収していってくれます。

 

ただし、不用品回収業者は、粗大ゴミに出すのと比べて、回収料金が高くなっています。

 

メリットとして、ギター以外の不用品もすべて回収してもらえるので、不用品がたくさんあるという方向けの処分方法です。

 

まとめ

ギター 処分 ブログ08

ギターの処分方法と、それぞれの主なメリット・デメリットは、以下のとおりです。

 

 

メリット

デメリット

粗大ゴミに出す

手間がかからない

Ÿ   お金がかかる

Ÿ   時間がかかる

解体して一般ゴミに出す

お金がかからない

手間がかかる

買取店

Ÿ   お金がもらえる

Ÿ   手間がかからない

ほぼなし

オークションやフリマアプリ

お金がもらえる

手間がかかる

友人や知人に譲る

手間がかからない

ほぼなし

NPO法人などに寄付

社会貢献ができる

Ÿ   お金がかかる

Ÿ   手間がかかる

不用品回収業者

Ÿ   手間がかからない

Ÿ   他の不用品も処分できる

お金がかかる

 

これからギターを処分するという方は、ぜひこの記事と、上記の表を参考にして、どの方法を選ぶか決めるといいでしょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=