ブログblog

ゴミ屋敷化してしまう女性の特徴|原因や対処方法も解説


ゴミ屋敷は割合にすると女性の方が多い傾向にあるとされています。
ゴミ屋敷ではないものの、部屋が汚いことで悩んでいる女性もいることでしょう。
そこでゴミ屋敷化させてしまう女性の特徴や原因、対処方法等についてを解説します。

ゴミ屋敷化してしまう女性の特徴|原因や対処方法も解説

ゴミ屋敷化させてしまう女性の特徴

ゴミ屋敷化させてしまう女性の特徴

ゴミ屋敷化させてしまう女性にはいくつかの特徴があります。
そこで、主だった特徴をいくつかご紹介します。

ゴミ屋敷になりやすい女性の特徴:仕事に充実感がある

女性の社会進出が叫ばれて久しいことから、仕事に熱中している女性も珍しくない世の中です。
責任感のある立場として、男性と指揮している女性も珍しくありませんし、起業して活躍している女性実業家もいます。
このように、仕事が充実している女性は生活の中心が仕事となってしまう傾向が強いことから、家の中に対しては無頓着な傾向もみられます。

仕事が忙しく部屋の掃除をする暇がなく、そもそも部屋に帰る時間が遅く、部屋にいる時間が短い人も多いでしょう。
そのことから部屋の状態をさほど気にせず、ゴミ屋敷化が進んでしまう傾向ににあります。

ゴミ屋敷になりやすい女性の特徴:消費意欲が高い・買い物が好き

消費意欲が高い、つまり買い物が好きな女性も、ゴミ屋敷化させてしまうリスクが高いです。
ゴミ屋敷とは、物が多い状態でもあります。
物を購入すれば物が増えます。
捨てる速度よりも物を購入する速度が速ければ、物が増えていきます。

物が多くても整理整頓したり、家・部屋が広く物が溢れるような状態にならなければ問題はありません。
しかし、ショッピングが好き、あるいはストレス解消的に物を購入するなど、頻繁に物を購入する機会が多ければ、次第に物が溢れるようになり、「ちょっと邪魔かも」が、いつしかゴミ屋敷となってしまうケースもあります。

ゴミ屋敷になりやすい女性の特徴:物持ちが良い女性

物を大切にするなど、物持ちの良い女性はゴミ屋敷になりやすいです。
なぜなら、物持ちが良いので物を捨てません。
「いつか使うのではないか」「捨てるのは勿体ない」と思い、使わない物を部屋に保管しておくのです。

収納スペースもなくなり、どこに置けばよいのか分らなくなる物が増えるものの、捨てることに抵抗があったり、いつか使うとの思いから物を捨てないので、物が溢れてゴミ屋敷化を促進してしまうのです。

ゴミ屋敷になりやすい女性の特徴:まとめて作業するタイプ

コツコツと作業をするよりも、まとめて作業をする方が効率が良い場合もあります。
掃除も同様で、コツコツ掃除するよりも、休日にまとめて掃除をした方が効率が良いと考える女性もいます。

しかし、いざ週末や休日になると、疲れや不用品の量の多さを前に、掃除が億劫になります。
掃除そのものを怠るケースもあれば、取り組んでみたものの不用品の量の多さから捗らず、結局はさらにゴミが増えてしまい、ゴミ屋敷となってしまうケースです。

ゴミ屋敷にしないために女性が取り組むべき対策とは?

ゴミ屋敷にしないために女性が取り組むべき対策とは?

女性がゴミ屋敷にしてしまう理由はいくつかありますが、ゴミ屋敷は虫が大量に発生するなどデメリットもあります。
そこで、ゴミ屋敷にしないための対策も覚えておきましょう。

女性がゴミ屋敷にしないための対策:地域のゴミ出しルールを覚えてこまめにゴミを捨てる

一度に掃除をした方が効率的ではあります。
しかし、ゴミは溜まり過ぎると掃除のモチベーションを低下させてしまいます。
また、現実的に女性は男性と比較すると体力が劣りますので、一度にと思っても、思うように捗らないケースも多いです。

ゴミが重い、量が多いので何度も掃除をしていたら疲れるといったケースは珍しくありません。
そのため、掃除に関しては効率性を重視するのではなく、こまめにゴミ出しをした方がゴミが溜まりません。

地域によってゴミ出しルールが異なりますので、まずは地域のゴミ出しルールを把握し、捨てられるものは捨てましょう。
この点を徹底するだけで、ゴミの蓄積を阻止できます。

綺麗な状態を保つことでゴミ屋敷を阻止できる

部屋が汚いと、汚すことや掃除をしないことに対しての抵抗感が薄れます。
しかし、綺麗な部屋であれば少し汚れているだけで気になるものです。
ゴミ屋敷にしないためにも、こまめに掃除を行い、清潔を維持しましょう。
そうすることで部屋を汚くしないようにとの意識が芽生え、ゴミ屋敷化を防ぎます。

女性がゴミ屋敷にしないための対策:使わないものは捨てる

「いつか使うのではないか」「大切な思い出がある」「捨てるのは勿体ない」このような気持ちはよく分かります。
しかし、長らく使用していない物に関しては捨ててしまいましょう。
捨てなければ物は増える一方です。

家や部屋の広さには限界があります。
無限のスペースがあれば良いですが、限られたスペースでやりくりしなければならない場合、物が増えればその分部屋は狭くなるものです。
そこで、使っていない物は捨ててしまいましょう。
様々な思いがあることはよく分かりますが、部屋の広さには限りがあります。

女性がゴミ屋敷にしないための対策:現実を深く理解する

部屋が汚いゴミ屋敷でも、誰にも迷惑をかけていない、汚いだけで実害がないと考えてしまう人もいます。
しかし、ゴミ屋敷は虫にとって居心地の良い場所になるので害虫を呼び寄せ、繁殖させてしまうことで大量発生します。

食べ残しや飲み残しがあれば異臭も発生します。
仮に災害等が起きた場合、より大きな被害をもたらす原因になりかねません。
このような現実を理解することで、ゴミ屋敷の改善を促進させてみるのも手です。

ゴミ屋敷改善のために人を頼ってみるのも手

ゴミ屋敷改善のために人を頼ってみるのも手

ゴミ屋敷を改善させようと思っても、女性一人では難しいのも事実です。
そこで、誰かに頼ってみるのも良いでしょう。

友人や知人、家族に頼む

友人や知人、家族といった身近な存在は頼みやすい一方で、汚い部屋を見られたくないとの思いからかえって頼みにくいケースもあるのではないでしょうか。
しかし、ゴミ屋敷は自ら動かなければ改善されません。

恥ずかしいとは思っても、掃除しなければならないので、恥を忍んで頼んでみましょう。
家族の場合、厳しい言葉を投げられるかもしれませんが、今後のゴミ屋敷防止のために胸に刻んでおきましょう。

行政に相談してみる

友人や知人、家族に汚い部屋を見られるのは抵抗がある場合、行政に相談してみるのも手です。
近年、ゴミ屋敷対策に力を入れている行政が増えています。
何らかの形で力になってくれますし、行政は営利を追求した組織ではありませんので、解決のため営利抜きに考えてくれることでしょう。

行政にも限界がある

行政が住民の声に耳を傾けてくれることでしょう。
しかし行政にも限界があります。
あくまでもアドバイス程度のケースもありますので、その場合は他の手段を講じる必要があります。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者であれば、あくまでもその場限りですし、不用品を一度に処分できるので何度も依頼する必要はありません。
プライバシーに不安がある女性もいるかもしれませんが、女性スタッフが在籍している不用品回収業者も登場しています。
不用品回収業者はボランティアではありませんので、費用が発生しますが、プライバシーへの配慮、作業の確実性等メリットも多々あります。

ゴミ屋敷にならないよう気を付けた生活を送ろう

ゴミ屋敷にならないよう気を付けた生活を送ろう

ゴミ屋敷になりやすい女性の特徴や解決方法についてを解説しました。
ゴミ屋敷は決して良いものではありませんし、誰かが知らない間に勝手に問題を解決してくれることもありません。
自らで解決しなければならないものなので、頼れる所を頼り、自らでゴミ屋敷改善を実践しましょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=