ブログblog

ゴミ屋敷に住むのが恥ずかしい女性にベストな解決方法を伝授!


近年、自宅をゴミ屋敷にしてしまう人がどんどん増えています。

この傾向は、高齢者や男性だけでなく、若い女性にも顕著です。

 

女性にとって、ゴミ屋敷に住んでいることを知られてしまうのは、恥ずかしいと感じる方が多いようです。

そのため、ゴミ屋敷に住んでいることを周囲にばれないように、なんとか解決したいと思う女性の相談が多数あります。

 

今回は、女性が自宅をゴミ屋敷にしてしまう原因や、恥ずかしい思いをしないで済む解決方法などについて説明していきます。

ゴミ屋敷 女性 恥ずかしい ブログ01

女性の部屋がゴミ屋敷になりやすい3つの原因

 

ゴミが部屋に溜まっていることが、周囲にばれることが恥ずかしいと感じる女性は少なくありません。

女性の部屋がゴミ屋敷になってしまうのには、いくつかの原因があります。

ここでは、そのなかでも主な原因3つを紹介していきましょう。

 

女性の部屋がゴミ屋敷になりやすい原因①仕事が忙しい

 

ゴミ屋敷を恥ずかしいと思う女性に限った話ではありませんが、自宅にゴミを溜めてしまう人に多い理由が、仕事が忙しいというものです。

 

仕事が忙しい人は、平日は仕事につきっきりで、休日は疲れ果てて一日中寝ている人が多くなっています。

日頃の仕事が忙しいため、食事はコンビニ弁当やカップラーメンで済ませ、宅内にはこれらの殻が大量に放置されているなんてケースはよくあります。

 

ゴミを片付ける暇も余裕もないため、こうしたゴミがどんどん増えていき、結果的には恥ずかしいと思いながらも部屋にゴミが溜まってしまう女性が増加傾向にあります。

 

女性の部屋がゴミ屋敷になりやすい原因②不規則な生活リズム

 

自宅をゴミ屋敷にしてしまう女性に、特に多い職業がナースです。

ナースの仕事には多くの場合に夜勤があるため、生活リズムはどうしても不規則になってしまいがちです。

 

生活リズムが不規則だと、ゴミ出しの時間に自宅におらず、ゴミを出せないことも多くなっています。

そのため、自宅にゴミが溜まっていってしまい、ゴミ屋敷になってしまいます。

ゴミ屋敷 女性 恥ずかしい ブログ02

女性の部屋がゴミ屋敷になりやすい原因③仕事のストレスで衝動買いしてしまう

 

自宅をゴミ屋敷にしてしまう人には、医者や弁護士など、社会的地位の高い職業の人が多くなっています。

このような職業の人たちは、仕事をするうえで強いストレスを抱えていることがあります。

先ほど例に挙げたナースも、患者の命を預かる仕事のため、かかるストレスは甚大と言えるでしょう。

 

こうした人たちのなかには、ストレスを衝動買いで解消する人も少なくありません。

次から次へとたくさん買ってしまえば、宅内に物がどんどん増えていってしまいます。

 

その結果、最終的にゴミ屋敷になってしまうケースも珍しくありません。

 

恥ずかしいだけじゃない!女性がゴミ屋敷に住むことの弊害

 

単純に恥ずかしいということ以外にも、女性がゴミ屋敷に住むことには大きな弊害があります。

その一つとして、自宅が汚部屋状態になっていることが周囲にばれることで、だらしがないと思われてしまうことです。

 

例えば、職場で同僚などにばれた場合、だらしがないと思われる確率は高いと言えるでしょう。

このような事態を避けるため、自宅がゴミ屋敷であることが恥ずかしいことと自覚しながら、その事実をひた隠しにする女性もいます。

 

ゴミ屋敷に住むのが恥ずかしいなら業者へ依頼

 

ゴミ屋敷に住むことが恥ずかしいのなら、今すぐに片付けたいと思う人は多いでしょう。

とはいえ、部屋のゴミを分別しながら片付けをすることは大変な作業ですから、女性一人では難しいと言えます。

 

また、宅内にある大量のゴミをゴミ出しする際、近隣住民からゴミ屋敷に住んでいることがばれてしまうかもしれません。

そこで近隣住民にばれず、恥ずかしい思いもせずに片付ける方法の一つが、ゴミ屋敷清掃業者に依頼することです。

ゴミ屋敷 女性 恥ずかしい ブログ03

ゴミ屋敷に住むのが恥ずかしい女性の解決法

 

ゴミに囲まれた部屋に住むのは恥ずかしいと感じる女性には、ゴミ屋敷清掃業者に依頼するメリットがあります。

ここでは、その3つの理由について説明していきます。

 

ゴミ屋敷に住むのが恥ずかしい女性の解決法①重たい荷物も運んでもらえる

 

コンビニ弁当の殻や空のペットボトルなど、軽いゴミであれば、女性でもゴミ出しできます。

しかし家具や家電などの重たい粗大ゴミを回収してもらうには、それをマンションやアパートなどの敷地外まで運ばなければなりません。

 

これは、女性一人では不可能だと言えるでしょう。

かといって、ゴミ屋敷に住んでいることがばれてしまうので、恥ずかしい思いをしてまで知り合いの男性に片付けの手伝いを頼むわけにもいきません。

 

その点ゴミ屋敷清掃業者に依頼すれば、粗大ゴミも含めた全ての不用品を、スタッフが自宅外に停めてあるトラックまで運搬して回収してくれます。

これなら女性一人でも、恥ずかしい思いもせずに粗大ゴミの処分が可能です。

 

ゴミ屋敷に住むのが恥ずかしい女性の解決法②一日のうちに片付けてもらえる

 

ゴミの分別から処分までを自分一人でする場合、片付けには1~2週間かかってしまうことも珍しくありません。

片付けの日数が多ければ多いほど、近隣住民にゴミ屋敷に住んでいることがばれてしまう可能性は高くなります。

 

その点ゴミ屋敷清掃業者は、一日のうちに全てのゴミを回収してくれます。

片付けの時間が短くなるぶん、近隣住民にゴミ屋敷に住んでいることがばれてしまう確率もグッと低くできるのです。

ゴミ屋敷 女性 恥ずかしい ブログ04

ゴミ屋敷に住むのが恥ずかしい女性の解決法③業者によっては早朝などの作業も

 

いくら作業時間が短くても、大量のゴミを抱えた作業員たちが自宅とトラックを何度も往復していれば、ゴミ屋敷に住んでいることが近隣住民にばれてしまうかもしれません。

 

しかしゴミ屋敷清掃業者のなかには、恥ずかしいと感じるお客さんに配慮して、早朝や深夜の作業にも対応しているところが多くなっています。

こうした業者に依頼すれば、ゴミ屋敷に住んでいることが周囲にばれにくく恥ずかしい思いもしないうえ、生活リズムが不規則な人でも、自宅にいるときに片付けをお願いできます。

 

まとめ

 

自宅がゴミ屋敷になってしまって恥ずかしいと感じているのなら、専門業者への依頼も一つの手段です。

ゴミ屋敷清掃業者に依頼すれば、1日のうちに宅内のゴミや不用品を全て回収してもらえます。

 

片付けが1日で終われば、ゴミ屋敷に住んでいることが近隣住民にばれて、恥ずかしい思いをする確率もグッと低くできます。

 

ゴミ屋敷清掃業者のスタッフに部屋を見られることが恥ずかしいという女性もいるかもしれませんが、その点は心配いりません。

なぜなら、ゴミ屋敷清掃業者のスタッフは何百件の依頼を行っていて、慣れているからです。

 

そのため、ゴミ屋敷を片付けたいのなら、恥ずかしいと感じることなく専門業者に依頼することを検討してみましょう。

ゴミ屋敷 女性 恥ずかしい ブログ05

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF LINEで気軽に相談