ブログblog

賃貸でゴミ屋敷化すると強制退去になる可能性も!早めの改善を


近年、賃貸住宅が「ゴミ屋敷」や「汚部屋」になるケースが増えています。
天井にまで積み上がるほどのゴミがあるような部屋もあります。
床の見えない室内はカビだらけ。
浴槽にもゴミがいっぱいで、悪臭が漂う中にコバエなどの害虫が飛び交い、想像を絶する状態になっている部屋もあります。

賃貸物件でこのような状況を放置していると、強制退去させられる可能性があります。
賃貸物件をゴミ屋敷化させてしまった住人の退去リスクと、その改善方法について解説します。

賃貸でゴミ屋敷化すると強制退去になる可能性も!早めの改善を

賃貸物件、なぜゴミ屋敷になる?

賃貸物件、なぜゴミ屋敷になる?

国交省の「空き地・空き家等外部不経済対策について」(平成21年)によると、全国で250の市町村が「ゴミ屋敷が発生している」と回答しています。
意外と少なく感じる人もいるかもしれません。
しかし、この調査は外観で「ゴミ屋敷」と判断ができる一戸建てについてのアンケートの結果です。

つまり、外部と隔離され、中の様子がうかがえないマンションやアパートなどの賃貸物件では、もっと多くの「ゴミ部屋」が存在していると考えられるのです。

きれいに使う前提で借りた賃貸物件のはずです。
なぜ、集合住宅でゴミ屋敷が発生してしまうのでしょうか。
一戸建ての場合と、賃貸物件の場合の違いを見てみましょう。

一戸建てがゴミ屋敷になる原因は?

賃貸マンションやアパートなど集合住宅で発生するゴミ屋敷は、一戸建てのゴミ屋敷とは発生する原因が異なります。

一般的に、一戸建ての家をゴミ屋敷としてしまう住人は、50歳以上の高齢者、しかも男性に多いといわれています。
たとえば、会社をリストラされたり、離婚したりなどの理由から、急に一戸建てで一人暮らしを余儀なくされてしまった人がいます。
精神的に追い込まれて、セルフネグレクトに陥り、その結果、家がゴミ屋敷になってしまうという例が多く報告されています。
つまり、ゴミ屋敷になってしまう原因は、精神的な病気であることが多いようです。

集合住宅がゴミ屋敷になる原因は?

一方、集合住宅で生活している人の場合は、会社できちんと働いているなど、ゴミ屋敷に住んでいるとは思えないような人が多いようです。
このような人がゴミ屋敷を生んでしまうのは、生活時間の多様化、食生活の変化など、社会的な要因が元になっています。

ゴミ出しルールが守れない

たとえば、夜間就労者や非正規雇用者が増えたために、ゴミ出しの時間にいない人が増えました。
ゴミを出したくてもなかなか出せず、どんどんゴミが溜まってしまい、気がついた時には自分でもどうしようもない、という状況に陥ってしまいます。

単身世帯

単身世帯が増えたことや、近所付き合いがない人が増えたことも原因の一つです。
家族がいれば、片付けなくてはという気持ちになりますが、一人暮らしで近所付き合いもないと、家が汚くても誰にもわかりません。

食生活の変化

コンビニを始めとする中食産業の発達も、原因の一つと考えられています。
家で食事を作ることなく買ってくる機会が増えたために、弁当がらや空き袋などゴミの発生スピードは昔より速く、量も多くなっています。

このような理由から、集合住宅がゴミ屋敷化していきます。
ゴミ屋敷に住んでいる人は職歴や収入面に問題がなく、見た目は普通の人にしか見えないような人が多いです。
そのため、近隣からクレームが出るまで、管理会社も気がつかないという状況になっています。

ゴミ屋敷のゴミはどうなる?

ゴミ屋敷のゴミはどうなる?

もし、他の入居者からゴミ屋敷化した部屋についてのクレームがあったら、その部屋はどうなるのでしょうか。
不動産管理会社や大家さんが、そのゴミ捨をててしまうようなことはあるのでしょうか。

勝手に捨てるのはNG

結論から言うと、ゴミがマンションやアパートの住人に迷惑をかけていても、管理会社や大家さんが、そのゴミを勝手に捨てることはできません。
貸室内はもちろんのこと、共用部に放置されている場合であっても同様です。

たとえゴミであっても、入居者にはそれらの所有権があるからです。
ゴミを勝手に処分すると、所有権を侵害することになるため、勝手にゴミを捨てることはできません。

どう見てもゴミでも、所有者にとってはゴミではなかったり、捨てたくないものである場合もあります。
勝手に処分してしまうと、所有権の侵害に当たります。
最悪の場合、処分したゴミについて損害賠償を請求されてしまうこともあるため、対応には注意が必要です。

大家さんにできることは?

賃貸物件がゴミ屋敷化してしまった場合、管理会社や大家さんには何ができるのでしょうか。

内容証明郵便の送付

ゴミの持ち主に、内容証明郵便で「〇月〇日までにゴミを処分してください。期日までに対応がない場合は当該ゴミの処分、賃貸借契約の解除を行います」と通達することができます。
通達した期日までに相手が対応してくれなくても、ゴミを強制的に撤去することはできません。

しかし、内容証明を出すことは、入居者に注意勧告をしたという証拠になるため、以降の対応をより合法的に進めることができます。

行政機関への相談

もう一つできることが、以下の行政機関への相談です。

  • 警察
  • 消防署
  • 保健所
  • 区役所

大家さんや管理会社だけでなく、行政機関を巻き込んで対応する方が良いケースが多いようです。

ゴミ屋敷住人を強制退去させられる?

ゴミ屋敷住人を強制退去させられる?

近隣の住民にとっては、ゴミ屋敷はとても迷惑です。
賃貸物件であれば、迷惑な住人には出て行ってほしいと考えるのが自然でしょう。

しかし、住人を強制的に退去させることは非常に難しいのが現実です。
なぜなら、ゴミ屋敷の住人には「居住権」があるからです。
そのため、住人が周りに迷惑をかけていても即時に契約解除をすることは難しいのです。

現実的には、住人に対して清掃を促す勧告を繰り返し行い、ゴミ屋敷状態を解消してもらうよう働きかけることしかできません。

ただ、自治体によっては「ゴミ屋敷条例」を定めている場合があります。
この条例を定めている地域であれば、ゴミ屋敷の住人に行政からの指導や勧告を行うことができます。
改善が見られない場合、行政代執行ができます。

住人が悪質な場合は、「退去命令」が出されるケースもあります。
この場合、法的な手続きが必要になるので、大家さんや管理会社は弁護士を通してこれを行います。

ゴミ屋敷にしないためには?

ゴミ屋敷にしないためには?

賃貸物件の部屋をゴミ屋敷にしてしまっている人は、実は、周りの人や大家さんやにばれないか、ヒヤヒヤしていることも多いようです。
どうしよう、どうしようと思いながら、ゴミが増えすぎて対処できないというケースも少なくありません。

もし、部屋がゴミ屋敷になってしまったら、ヒヤヒヤしながら過ごすよりも、心を決めて片付けてしまいましょう。
ゴミさえ片付けてしまえば、何の心配もなくなります。
部屋をゴミ屋敷にしないためにはどうすれば良いのでしょうか。

ゴミは都度捨てる

ゴミ屋敷に多く見られるゴミは、コンビニ弁当がらやカップラーメンのカップ、ペットボトルなどです。
食事をしたらゴミを部屋に放置せず、すぐに捨てましょう。

休日は「ゴミの日」にする

賃貸物件で、特に一人暮らしをしている人は、なかなか片付けをする時間がなく、休日は一日寝ていることもあります。
これでは、ゴミを片付ける時間がなく、ゴミが溜まっていってしまいます。

休日は、1時間だけでもいいので、部屋のゴミを片付ける時間を作りましょう。
すでにゴミ屋敷になってしまっている場合、1時間で全てのゴミを片付けることは難しいですが、少しずつでも片付ければ、ゴミは減っていきます。
コツコツ片付けていきましょう。

物件によっては、住人がいつでも出せるゴミ捨て場を備えているところもあります。
最初からこのような物件を探すのも一つの手です。

専門業者を活用しよう

どうしても、自分一人では片付けに手がつけられない場合は、専門業者の活用を考えましょう。
片付けの専門業者、ゴミ屋敷清掃業者なら、以下を全て行ってもらえます。

  • ゴミの仕分け
  • 運び出し
  • 処分
  • 清掃

溜まったゴミを運び出すのは重労働ですが、プロなら素早く行ってもらえます。
どうしても自分ではできないと悩んでいるなら、専門業者を活用しましょう。
その日から、安心して生活できるようになります。

まとめ

賃貸物件をゴミ屋敷化させてしまうと、周りに多大な迷惑をかけることになります。
大家さんや管理会社は、簡単にゴミを捨てたり住人を追い出したりすることはできません。
しかし、あまりに悪質と見られた場合は、強制退去のリスクもあります。

このようなことにならないよう、ゴミを溜めない習慣を身につけましょう。
ゴミ屋敷になってしまった場合は、コツコツ片付けることが大切です。
どうしても自分では手がつけられない場合は、専門業者に依頼するのもおすすめです。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=