ブログblog

汚部屋の掃除、どこから始めたら良い?片付けのコツも紹介します


汚部屋と呼ばれる汚い部屋は、放置を続ければいずれはゴミ屋敷へと発展してしまう可能性があります。
自分の部屋は誰も何もしません。
自らで掃除をしなければ綺麗になることはありません。

汚部屋と呼ばれるような、あまりにも汚い部屋にまで発展してしまうと、掃除をする意思はあっても、どこから始めればよいのか分からないものです。
結果、手を付けることができずに汚部屋を進行させてしまうケースもあります。
そこで汚部屋の掃除はどこから始めればよいのか、いろいろと見てみましょう。

汚部屋の掃除、どこから始めたら良い?片付けのコツも紹介します

汚部屋になる理由を知ればどこから掃除をするかが分かる

汚部屋になる理由を知ればどこから掃除をするかが分かる

汚部屋はどこから掃除をすべきなのかは、汚部屋になってしまう理由を模索する必要があります。
汚部屋になる理由によって対策は異なります。
まずはなぜ汚部屋になってしまうのか、その理由についていくつか挙げます。

ゴミ捨てが面倒なので汚部屋になる

近年、環境問題への配慮からゴミ捨てに関して細かいルールを設ける自治体が増えています。
分別ルールも細かいことから、ルールを把握できなかったり、あるいはそれらを面倒だと感じてしまう人もいます。
そのためゴミが出せず、ゴミが溜ってしまって汚部屋へと発展していきます。
この場合、何らかの手を打たなければ汚部屋にとどまらず、ゴミ屋敷に発展してしまうリスクが高いです。

ゴミの収集は朝行われることが多いので、ライフスタイル的にゴミを出すことが難しい人も、ゴミが溜まっていってしまい、汚部屋となるリスクが高いです。

整理整頓ができないことで汚部屋になる

整理整頓ができなければ、汚部屋、そしてゴミ屋敷となる可能性があります。
整理整頓の基本は、「片付ける場所を決める」ことです。

毎回適当に、その場限りの片付けをするのではなく、定められた片付ける場所、しまう場所に物を置くことを徹底していれば、汚部屋へと発展する可能性は低いです。
それでも汚部屋になる場合、収納が足りていないことになります。

後回しにする性格も汚部屋になる理由

気付いた時にすぐ片付けるのではなく、後回しにする性格の人も汚部屋になりやすいです。
部屋が多少頓雑していても、「後で掃除する」「週末に一気に掃除する」など、その場で掃除をしなければ、次第に部屋は汚くなります。

いざ掃除するタイミングがくると、それまで半ば放置していたのです。
掃除の負担が大きなものになり、モチベーションが低下して大して手を付けることができず、結局は汚部屋が進行してしまうパターンも多いです。

捨てられないタイプの人も汚部屋になる

不要だと思ったものをすぐに捨ててしまう人もいれば、「いつか使うのではないか」「思い出があるから」など、なかなか捨てられない人もいます。
物を捨てられないタイプの人は、物を大切にする人ではありますが、汚部屋になってしまうリスクの高い人でもあります。

どのような理由があるにせよ、物を捨てなければ物は増えていく一方です。
すべての物を綺麗に整理整頓できるのであればよいでしょう。
しかし物が増えても家の収納スペースは増えません。

しまう場所のなくなった物たちはやがては部屋に散乱せざるを得ず、結局は汚部屋へと発展してしまいます。

汚部屋を掃除しよう!どこから始める?

汚部屋を掃除しよう!どこから始める?

汚部屋になる理由が分かれば、そのための対策を講じて汚部屋の予防が可能になります。
既に汚部屋となっている場合も理由に応じた対策が必要になります。
まずはどこから始めるべきなのか、流れに沿って解説していきます。

汚部屋の掃除は小物から行おう

汚部屋の状態も様々かと思いますが、まずは小さいものから手を付けていきましょう。
使用していないものは捨て、使用するものは保管場所を決めます。

目の前の汚い状況を改善しなければなりませんので、目に見える範囲で捨てられるものは捨てましょう。
これだけでも、案外部屋が綺麗になるケースも多いです。

収納が足りていない場合の掃除方法

ゴミではない必要なものは、保管場所を決めます。
その際、保管場所、つまり収納スペースに余裕があれば良いのですが、余裕がない場合は、収納されているアイテムを見直し、不要なものは捨てましょう。

収納されているアイテムを捨てることで、新たな収納スペースが生まれます。
どこに保管すればよいか分からなかったものも、保管する場所を決めることで、部屋に散乱させることなく、収納が可能になります。

一度の掃除で完璧を目指す必要はない

汚部屋を掃除する際、多くの人が一度の掃除で元の綺麗な状態を目指そうとしてしまいがちです。
確かに一度の掃除で綺麗になれば以降の手間はかかりません。
しかし、一度の掃除程度では元に戻せない汚部屋もあります。

あまりの汚部屋に一度では難しいと感じると、掃除のモチベーションそのものが低下してしまい、結局は掃除を投げ出してしまうケースもあります。
そこで、一度で解決しようと考えるのではなく、できる範囲で良いので掃除を行いましょう。

汚部屋の掃除を一度で完結させる必要はありません。
できる範囲でも掃除をせずに放置するよりは断然よいので、できる範囲で掃除を行いましょう。

汚部屋の掃除がすすまない!その場合の対処法について

汚部屋の掃除がすすまない!その場合の対処法について

汚部屋の原因やどこから掃除をすべきなのか、理屈としては分かっていても、いざ実践しようとするとなかなか上手くいかないケースも多いです。
その場合、どこから掃除をするのかではなく、違った方法を考えてみるのも手です。

友人・知人に汚部屋の掃除を協力してもらう

友人・知人に汚部屋を見せるのは恥ずかしい人も多いことでしょう。
しかし何もしなければ状況を改善することはできません。
一人では難しいと感じているのであれば、恥を忍んで友人・知人を頼ってみましょう。

行政に汚部屋の相談してみる

汚部屋というよりも、むしろゴミ屋敷になってしまっている状態であれば行政に相談するのも手です。

行政としてもゴミ屋敷は地域の問題として対処すべきと考えています。
地域によってはいわゆるゴミ屋敷に関する条例を制定し、ゴミ屋敷居住者の支援も行っています。
あまりにも汚部屋が進行してしまっているようであれば、行政への相談も選択肢の一つです。

不用品回収業者に依頼する

不用品を回収するだけではなく、汚部屋の掃除も行っている不用品回収業者もあります。
不用品回収業者であれば、掃除の際に出たゴミの処分を任せることができます。

また、その場限りの付き合いになりますので、友人・知人に依頼するよりも気まずくなく、その後の人間関係に悪影響を及ぼすこともありません。

汚部屋の掃除はどこからでもよいので実行することが大切

汚部屋の掃除はどこからでもよいので実行することが大切

汚部屋にしないことが大切ではありますが、汚部屋になってしまったら、どこから掃除を始めるべきなのかは分かりにくいものです。

しかし、放置していても改善されることはありません。
自分自身で行動しなければ汚部屋はさらに汚くなっていく一方です。

一度に完全に掃除しようと考えず、地道にコツコツ掃除を行うだけでも汚部屋は改善できます。
しかし、自分だけの力では難しいと感じた場合には、他からの力を借りて、汚部屋の解消をしましょう。
汚部屋を改善できたら、綺麗な部屋の維持を目指しましょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=