ブログblog

千葉県にはゴミ屋敷に対する条例がほとんどない?その背景にある他自治体との違いとは?


ごみ屋敷に関する問題は決して特定地域のみではなく、全国的な問題です。
各地域が条例を制定し、ゴミ屋敷問題に本腰を入れている中で、取り組みの遅さが指摘されているのが千葉県です。
なぜなら千葉県の市区町村にはゴミ屋敷条例がありません。
つまりゴミ屋敷に対し、千葉県が行政で動くことはできません。
なぜ千葉県にはゴミ屋敷条例がないのか、では対策はどうするのかなど様々な点からみてみるとしましょう。

千葉県のゴミ屋敷条例の現状

千葉県の市区町村にはゴミ屋敷条例がないその理由について

千葉県のゴミ屋敷条例について

近年、ゴミ屋敷の問題は全国的に社会問題となっています。
千葉県に於いてもおよそ4割の地域でゴミ屋敷が確認されているとのデータもあるようですが、残念ながら千葉県ではゴミ屋敷条例を制定している市区町村がありません。
つまり、条例がある地域のように、ゴミ屋敷に対して強制的な執行が行えません。
ゴミ屋敷が確認できたとしても、行政としては住居人の自発的な改善を待つしかないのです。
ゴミ屋敷が全国各地で問題になっていることから、各地でゴミ屋敷に関する条例の制定が進んでいます。
それまでのように住居者に自発的な努力を促すだけではなく、強制的に立ち入ったり、行政代執行を可能にした条例を制定している行政もあるほど。
つまり、「やる気がないなら代わりに行政として行う」が可能です。
しかし千葉県の市区町村にはゴミ屋敷に関する条例はありません。
つまり、行政は何もすることができません。
ではなぜ千葉県にはゴミ屋敷条例がないのでしょうか。

千葉県では行政が慎重な姿勢を見せている

千葉県の行政が慎重な姿勢を見せている点が挙げられます。
日本の行政の特徴として、ルールを決めることはできるものの、一度決めたルールは変更・取りやめをしない傾向があります。
そのため、ゴミ屋敷に関する条例を定めたとして、改善が必要になった時にどうするのか。
また、本当に必要なのかを慎重に考えている可能性が高いです。
特に千葉県は、かつて成田空港建設の際、住民による大きな反対運動が起きました。
その時の記憶から、できれば住人を刺激するような条例の制定に対し、及び腰になっている議員が多いのかもしれません。

千葉県ではゴミ屋敷問題を深刻に考えていない?

ゴミ屋敷は全国各地で問題になっています。いわば「社会問題」と考えても良いレベルですが、千葉県ではまだまだ事態を深刻にとらえていない可能性があります。
確かにゴミ屋敷は決して好ましいものではないものの、行政が腰を上げるほどの問題だと考えておらず、自発的に改善してくれるのではないかとする姿勢を持っている可能性があります。
良く言えば住人の自主性に任せているのですが、悪く言えば責任を取りたくないので、問題の顕在化を回避し、千葉県では、まるでゴミ屋敷問題など存在していないかのようにふるまっている可能性があります。

千葉県のゴミ屋敷についての優先順位の問題

千葉県に限らず、どの行政もゴミ屋敷だけではなく、様々な問題を抱えています。
そのため、ゴミ問題よりも優先すべきことがあり、ゴミ問題にまで手が回っていない可能性もあります。
行政としても問題処理能力には限りがあります。
マルチタスクで様々な問題を同時に解決するにはそれなりの人手が必要なので、リソースに余裕のない自治体はどうしても重要問題からの解決となるので、ゴミ屋敷問題が後回しになってしまっている所もあるでしょう。

千葉県は、決してゴミ屋敷「問題なし」ではない

千葉県のゴミ屋敷条例について

千葉県の市区町村にはゴミ屋敷条例はありません。
しかし決して問題になっていない訳ではなく、ゴミ屋敷に対しては各自治体が個別で指導やサポートを行っています。
条例がないので強制性はなく、あくまでも指導やサポートなど、住居者の自発的な動きによる健全化を促進するのみとなっています。
つまり、ゴミ屋敷がないから条例がないのではなく、ゴミ屋敷そのものは存在し、かつ問題になっているものの、条例がないので市区町村の職員が指導・サポートという形で問題の対策を講じているのが現状です。

千葉県でゴミ問題に悩んでいるなら

千葉県のゴミ屋敷条例とは?

他の自治体のように、千葉県の市区町村でも、ゴミ屋敷に関する条例の制定を望む声はありますが、用意されてませんので、ゴミ問題に悩んでいるのであれば、行政の力を借りることはできないと考えてよいでしょう。

千葉県で近隣のゴミ屋敷に悩まされている

自らがではなく、近隣にゴミ屋敷があって悩まされている場合、行政に相談するしかありません。
しかし繰り返しになりますが、千葉県の市区町村にはゴミ屋敷に関する条例がありません。
行政に連絡を入れても、行政としてもあくまでも指導・サポートしか行えません。
ゴミ屋敷に関する条例が制定されている自治体であれば指導やサポートだけではなく、さらには勧告、命令、そして行政代執行と手順を進めてゴミ屋敷の改善を図ることが可能ですが、残念ながら千葉県の市区町村には条例がありませんので、行政に連絡を入れても、行政ができることは限られています。
しかし条例化を望む声が高まることで、条例化の機運が高まる可能性もあります。

千葉県の自宅がゴミ屋敷になりそうで困っている

周辺地域ではなく、自宅がゴミ屋敷になりそうで悩んでいるのであれば、行政よりも不用品回収業者に相談した方が良いでしょう。
なぜなら、行政の指導やサポートは強制力がありませんし、資金・費用を援助してくれるものでもありません。
あくまでも方法をレクチャーしてくれるのみです。
しかし不用品回収業者であれば、自社問題解決のための手段を講じてくれることでしょう。

千葉県でゴミ問題を解決してくれる不用品回収業者の選び方

千葉県のゴミ屋敷条例はどうなってる?

千葉県でゴミ問題に向き合ってくれる不用品回収業者はいくつかあります。
その中から自分にあった業者を選ぶためには、いくつかのチェックポイントがあります。

千葉県内でゴミ屋敷問題の実績はあるのか

これまでゴミ屋敷を担当したことがあるのか、実績は大切です。
実績のある業者であれば安心して任せることができるのですが、ゴミ屋敷に関しての実績のない業者の場合、細かい部分でチグハグ感が出たり、当日予期せぬトラブルに見舞われてしまい、右往左往してしまう可能性もあります。

買取を行っている業者なのか

不用品の回収だけではなく、買取を行っている業者であれば、家の中の価値のあるものを買い取ってもらうことで、依頼費用が安くなる可能性があります。
買取を行っていない業者に依頼した場合、すべて回収されるだけですが、買取も行っている業者であれば、お金になるものは「処分」ではなく「買取」とすることで、実質的な費用が安くなりますので、費用にこだわるのであればこちらもチェックしておいた方が良いでしょう。

対応範囲

不用品回収業者もまた、対応できる範囲は様々です。
依頼したものの、「大型家具は対応外です」「家電には対応していないんです」と、未対応のサービスがあれば、結局は他の業者に依頼する必要があります。
手間だけではなく、費用も別途かかりますので、できれば様々な業態に対応している不用品回収業者を選んだ方が良いでしょう。

最後に

千葉県にゴミ屋敷条例がない理由

千葉の市区町村にはゴミ屋敷にかんする条例がありませんので、問題解決はいわば民間任せになります。
周囲のゴミ屋敷に悩んでいる方もいれば、自らがゴミ屋敷になりそうなことで悩んでいる方もいることでしょう。
いずれにせよ、行政はほとんど力になってくれませんので、自らの力で何とかするしかありません。
特にゴミ屋敷になりそうで悩んでいるのであれば、不用品業者など力になってくれる業者に相談することで、解決への道筋が見えてくるはずです。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=