ブログblog

ゴミ屋敷を生む病気とは〜原因やなりやすい人の特徴〜


すさまじいゴミに埋もれたゴミ屋敷。
普通の感覚の人なら「どうして、ここまでゴミが溜まるの?」と不思議に思うのではないでしょうか。
ゴミが多すぎて、余ったスペースでなんとか生活している人や、それさえもなく、ゴミの上に布団を敷いて寝ている人もいます。
また、ゴミ屋敷ではかなりの悪臭や害虫が発生しており、まともに住める状態ではないことがほとんどです。
しかし、それでも住人がゴミを捨てないのはなぜなのでしょうか。
周囲にまで迷惑をかけるほどのゴミ屋敷になってしまう原因は、病気にあることも少なくないようです。

ゴミ屋敷を生む原因になりやすい人の特徴

どうしてゴミが捨てられないの?

ゴミ屋敷を生む病気とは?ゴミ屋敷に住む人は、どのような気持ちで生活しているのでしょうか。

片付けが苦手

片付けや掃除が苦手な人は、ゴミが溜まっていってしまいます。
もともと整理整頓の習慣がなかったり、汚れたものを触ることに抵抗があったりすることからゴミが溜まることも。
こうしてゴミがどんどん増えていくうち、手がつけられなくになり、ますます片付ける意欲がなくなるといった悪循環に陥ってしまいます。

孤独感を感じている

孤独感を強く感じている人は、ものを溜め込みがちです。
自分の周りをもので埋め尽くすことで安心感を感じ、満たされるからです。
一人暮らし、友人がいない人、両親との死別などから孤独感を抱えている人に、必要以上にものを溜め込みゴミ屋敷化することが多いようです。

もったいない・捨てられない

なかなかものを捨てられない人の家がゴミ屋敷になるケースは少なくありません。
特に、戦争を経験した高齢者や、幼少期に貧しい生活をしていた人に多いようです。
「まだ使える」「いつか使うかもしれない」と、不要なものでもとっておけば何かに役立つかもしれないと考え、捨てることができません。
その結果、ゴミ屋敷になってしまいます。

ストレス

仕事や人間関係など、過度なストレスを抱えている人の家がゴミ屋敷になるケースも多いようです。
ストレスが強くかかると無気力状態になり、片付けや掃除をする余裕がなくなってしまうのです。
症状が進むと全てに関心がなくなり、ゴミも溜まっていく一方になります。

買い物依存

スマホでポチッとボタンを押せば、家にいながらにして買い物ができてしまう、便利な世の中になりました。
このような状況から、必要以上にものを買ってしまい、収納できずにゴミ屋敷になってしまうこともあります。
最初は適度に楽しんでいたのが、徐々にエスカレートして必要ないものまで買わないと落ち着かない状態になってしまう人もいるようです。

ゴミ屋敷をつくる原因とは?

ゴミ屋敷を生む原因となる病気

精神的な病などが原因で片付けられないケースも少なくありません。
どんな病気があるのでしょうか。

うつ病

うつ病は、物事をネガティブにしか捉えられなくなり、生きる気力を失ってしまう病気です。
何事にも無気力になるのが主な症状で、年齢や性別に関係なく起こり得る精神疾患です。
症状が進むと、ゴミを捨てるという行動すら起こせなくなり、その結果、ゴミ屋敷状態に発展してしまいます。

認知症

高齢者の孤独死が、ゴミ屋敷で発見されたというケースは少なくありません。
高齢者に多い認知症には、物事を判断する力が大きく落ちてしまい、対象を正しく認知・認識できないという症状が見られます。
また、記憶力が低下したり、自分の意思を行動に移すことが難しくなったりすることもあります。
そのため、ゴミを見ても「ゴミである」と判断できなくなったり、ゴミ出しの日を忘れたりするようになり、ゴミ屋敷化してしまうのです。

統合失調症

統合失調症の症状は人によって大きく異なります。
そのため、統合失調症の人全員がゴミ屋敷に住んでいるというわけではありません。
ですが、ゴミやものを溜め込む、片付ける能力が低下するといった症状が現れることもあります。
生活スキルが低下したりすることもあるため、統合失調症もゴミ屋敷のきっかけとなることがあります。

セルフネグレクト

子どもの世話をせず放置することを「ネグレクト」と言いますが、これを自分自身に対して行うのが「セルフネグレクト」です。
発症すると、自分の身の回りの世話を一切やらなくなります。
入浴や食事など基本的なことをはじめ、部屋のゴミ捨てや片付けもやらなくなるため、ゴミ屋敷になってしまうのです。

強迫性障害

強迫性障害とは、「不合理な行為や思考を自分の意思とは反してくり返してしまう」という精神障害のひとつです。
髪の毛を抜き続ける、手を30分以上も洗う、リストカットなど自傷行為を行うなどが代表的な症状です。
強迫性障害では、ゴミ屋敷なのにゴミを捨てられないという意思に反する行為をくり返すことがあり、これがゴミ屋敷につながります。

ためこみ症

ためこみ症とは、ものを集めたり溜めたりすることに喜びや安心感を感じ、ものを捨てることに悲しみや不安、罪悪感など苦痛を感じる精神障害のひとつです。
他人から見るとゴミやガラクタであっても、それらに囲まれた空間を「安全な避難場所」と認識し、安心感や落ち着きを得る傾向があります。
どんなゴミでも本人にとっては意味があるので「ゴミを捨てる」という考えがなく、ゴミ屋敷は深刻化していきます。
ためこみ症の原因ははっきりしていませんが、遺伝的な要因や幼少期の育ち方が関係していると考えられており、明確な治療法はまだ見つかっていません。

発達障害

近年知られるようになってきた、大人の発達障害が原因になることもあります。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHDは、気が散りやすい、落ち着きがない、ものを失くしやすいといった症状が特徴です。
掃除を始めても続けられない、ものを探そうとしてかえって散らかすなど、部屋が片付かないケースが多く見られます。
また、ゴミ捨てのルールを難しく感じるためにゴミを捨てられず、溜めてしまうこともあります。

自閉スペクトラム症

自閉スペクトラム症とは、アスペルガー症候群、自閉症などを含む発達障害です。
自閉スペクトラム症は、愛着とこだわりを持つ傾向があり、不要なものを不要なものと判断できない傾向もあります。
このようなことから、ゴミ屋敷を作ってしまうことがあります。

ゴミ屋敷を作ってしまう人の特徴とは?

ゴミ屋敷を生む原因やなりやすい人の特徴

ゴミ屋敷の住人は病気を抱えている場合が多いですが、実際に、どのような人の家がゴミ屋敷化してしまうのでしょうか。
病気からゴミ屋敷化してしまいやすい人の特徴を見てみましょう。

真面目な性格の人

真面目な人は部屋がゴミ屋敷化してしまいやすい傾向があります。
真面目な人は、周囲の人の期待に応えようとしたり、完璧主義な人も多く、常にフル稼働しています。
最初は充実感や満足感を感じていますが、無理をしているため、次第に心と体がついていかなくなります。
こうして精神疾患にかかってしまいます。
また、真面目な人は常に周りの人を気遣うがゆえに、自分の意見は心の中に閉じ込めてばかりで、上手に発散することができないのも一因と考えられます。

ストレスを抱えている人

勤勉な人ほど、仕事でも無理をしてしまいがちですね。
それでも、努力が結果として出れば良いのですが、理想通りの結果が得られないと精神的負担が大きくのしかかり、心が沈んでいきます。
このようなストレスを発散できずにいるうちに、あらゆることに興味・意欲が湧かなくなり、家がゴミ屋敷化してしまうことがあります。

ものごとに執着しやすい人

ゴミ屋敷の原因は、物を捨てられずに貯め込んでしまうことです。
そのため、ものごとに執着しやすい人の家は、ゴミ屋敷になりやすい傾向があります。
どんなものでも捨てたくない、手元に残しておきたいという気持ちが、ものやゴミで溢れ返ったゴミ屋敷を作ってしまうのです。

ゴミ屋敷に関する病気の対策とは?

ゴミ屋敷に関する病気の対策

医療機関を受診する

家がゴミ屋敷になってしまったり、また、そこまでいかなくても、調子が悪かったり、心身のバランスの崩れを感じたら、医療機関を受診しましょう。
受診するのは、精神科や心療内科です。
精神科や心療内科では、病院に来るのが難しい人のために、家族が代理で受診できるところもあります。
受診の結果、病気がわかったら、定期的なカウンセリングや薬物療法などで治療していくことになります。
心の負担は、放置すればするほど悪くなります。
おかしいと感じたら、勇気を出して早めに受診することが大切です。

家族の協力

家族が生活をなるべく見守ることで、状況が改善することも少なくありません。
接し方については専門の医師のアドバイスが必要ですが、「周りの人はあなたを見守っている、気にかけている」という気持ちを伝えましょう。
特に病人本人と同居していない場合は、孤独死などを防ぐためにもなるべく関わりを持ちましょう。
病人本人がゴミ屋敷清掃に前向きになれるようなら、専門の清掃業者を利用してゴミ屋敷を片付けることもできます。

まとめ

家がゴミ屋敷になってしまうのは、さまざまな病気が原因であるケースが少なくありません。
異変を感じたら、できるだけ早く医療機関など専門の窓口に相談して病気に対処しましょう。
また、本人が一人暮らしの場合、家族のサポートが受けられないために、ゴミ屋敷がどんどん悪化していく傾向があります。
なるべく家族が関わり、一緒に解決してくと良いでしょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=