引っ越しでゴミの処分にお困りの皆様へsumida

墨田区で引っ越しのゴミ処理

引っ越しに伴って出たゴミは、家具・家電、陶器など種類が多いので、処分方法にも迷ってしまいがちです。

引っ越しごみの処分法は自治体によって異なりますが、墨田区では、資源ごみの処分種別が「資源物(集積所回収)」「燃やすごみ」「燃やさないごみ」「粗大ごみ」の4つに分かれています。

ここでは、墨田区の引っ越しごみ処理、処分方法について種類別に詳しくまとめました。

墨田区での引っ越し〜ゴミ処理方法〜

資源物(集積所回収)の処分方法

資源物(集積所回収)は、「古紙類」「紙パック」「びん・缶」「ペッとボトル」「発泡スチロールトレー」の4つに分類されています。

それぞれの処分方法を一覧にまとめました。

品目

主なごみ、出す時の注意点

古紙類(新聞・雑誌・段ボール・雑がみ)

新聞は折込みチラシも含む。単行本、カタログ、ティッシュやお菓子の箱、トイレットペーパーの芯など

種類別にひもでしばる。雑がみは紙袋に入れるか大きな紙に包む。

紙パック(牛乳・ジュース等)

よく洗って切り開いてから、ひもでしばる。

中がアルミコーティングされているものは回収不可。

びん・缶

酒類、ジュース、ジャム、缶詰、お菓子の缶など

中をすすいでから、集積所のコンテナ(青:缶用、黄色:びん用)に入れる。

ペットボトル

飲料用、しょうゆ、酢などのペットボトル

キャップ、ラベルははずし、中をすすいで、集積所の緑色ネットに入れる。

油などの汚れが落ちないものや、色つきボトルは回収不可。

発砲スチロール製食品トレー

つまようじが簡単にささる食品用トレー

色・柄ものは回収可能。

ラップ、シールなどをはずし、集積所の黒色ネットに入れる。

カップ麺や納豆などの容器など、汚れや臭いがとれないものは回収不可。

 

資源物の収集は週1回です。

これらのごみは、すすぐ、ひもでしばるなど、品目ごとに決められた方法で、地域ごとに決められた収集曜日の午前8時までに出しておきます。

燃やすごみの方法
 

燃やすごみに分類されるものを一覧にまとめました。

品目

主なごみ、出す時の注意点

生ごみ

調理くずや残飯、貝・卵の殻、茶殻やコーヒーの豆かすなど

水気は良く切って出す。

紙くず

ティッシュ、紙コップ、写真、感熱紙などのリサイクル不要なもの

衛生用品

おむつ、ねこ砂、ペット用シートなど

汚物を取り除いて出す。

衣類

線維衣類、化学繊維(皮製品も含む)

少量の木の枝・草花

長さは50cm未満に切って束ねて出す。

(一度に大量に出す場合は有料)

プラスチック製品

ビニール、ラップ、発砲スチロール、カップ麺の容器、洗剤や弁当の容器、ビデオテープなど

革・ゴミ製品

かばん(一辺の長さが30cm未満のもの)、ベルト、革靴、長靴、ゴムホース、ゴム手袋など

廃食油

紙に染み込ませるor凝固剤で固める

燃えるごみの収集は週2回です。

これらのごみは“中身の見える袋“または、”ふた付きの容器“に詰めて、地域ごとに決められた収集曜日の午前8時までに出しておきます。

燃やさないごみの処分方法
 

燃やさないごみに分類されるものを一覧にまとめました。

品目

主なごみ、出す時の注意点

金属製品

フライパン、鍋、アルミホイル、金具、包丁、はさみなど

刃物や割れ物など、別の袋に入れる、紙に包むなどし、「危険」と記載して出す。

ガラス製品・陶器

薬品のびんや割れた便などのリサイクル不可能ないびん

一辺の長さが30cm未満のガラス板、陶磁器類など。

ガラス製の食器類や、食器以外の陶磁器類。

蛍光灯・体温計・温度計・血圧計(水銀含有廃棄物)

蛍光灯や水銀を使っている体温計、温度計、血圧計は、それぞれ別の袋に入れて、品目名を記載する。

蛍光灯は、購入時のケースや段ボールに入れても可。

金属部分がはずせないプラスチック製品

傘など(金属部分が外せるものは分けて出す)

スプレー缶

必ず使い切って、「危険」と記載して出す。

穴開けは絶対に行わないこと。

燃えるごみの収集は週2回です。

これらのごみは、紙で包む、中身の見える別の袋に入れるなど、品目ごとに決められた方法で、地域ごとに決められた収集曜日の午前8時までに出しておきます。

粗大ごみの処分方法

家具やふとんなど、一辺の長さが約30cm角を超えるものに関しては、すべて粗大ごみ扱いとなります。

そのため、資源ごみとして袋に詰めて処分することができません。

粗大ごみを処分する方法は2つあり、職員が自宅前や粗大ごみ置き場まで取りに行く戸別収集と、有料にはなりますが日曜日に限り自己持ち込みがあります。

墨田区の粗大ごみ処分方法を3ステップでまとめました。

  • Step.1粗大ごみ受付センターに電話またはWEBから申し込み

月曜日~土曜日の午前8時~午後7時まで、祝日も受付しています。(年末年始は除く)

インターネットからの申し込みは、メンテナンスを除き24時間受付可能です。

自己持ち込みの場合は、電話からの申し込みだけとなりますので注意が必要です。

ここでは、粗大ごみの処理手数料が伝えられます。

  • Step.2処分に必要な分の「有料粗大ごみ処理券」を購入

粗大ごみの種類によって必要な手数料分の有料粗大ごみ処理券を購入する必要があります。

有料粗大ごみ処理券は、墨田区内の商店やコンビニエンスストア、スーパーで購入することができます。

すみだ清掃事業所、すみだ清掃事務所分室での購入も可能です。

処理券には、名前と受付番号、収集予定日を記載しておきます。

集合住宅にお住まいの方は、部屋番号も書いてください。 

  • Step.3ごみに処理券を貼り、指定日に収集場所へ出しておく

収集日当日の午前8時までに、収集がしやすいわかりやすい場所に置きます。

戸建ての場合は玄関前、アパート・マンションの場合は、1階の共有敷地や玄関部分など、目につきやすいところに出しておきましょう。

立ち合いは不要です。

粗大ごみで回収NGのもの

すべてのごみを粗大ごみとして処分してもらうことはできません。

墨田区では、以下のものを回収NGとしています。 

  • 家電リサイクル法により、粗大ごみとして申込できない品目

(テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機など)

  • パソコンリサイクル法の対象となる品目
  • 適正処理困難物とみなされるもので申し込み出来ない品目

(自動車…バッテリー、マフラー含む、オートバイ…バッテリーなどの部品含む、自動車タイヤ、ピアノ、ガスボンベなど)

  • 収集運搬が困難なもの

(長さがおおむね1m80cmを超えるもの…物干し竿、サーフボードなど、太さが30cmを超えるもの…丸太など)

  • 不燃ごみ扱いとなる品目

(30cm角以下のもの)

墨田区内で引っ越しごみにお悩みの方は、七福神へが解決します!

引っ越しごみの種類によって処分方法や回収日が異なるため、すべて処分するのには手間と時間がかかります。

急な転勤や引越し、仕事で忙しい方は、引っ越しごみをどう処分しようか、悩みを抱えている人もいることでしょう。

そんなときは、ゴミ屋敷バスター七福神にお任せください!

引っ越しごみの処分を一括で請け負うだけでなく、新しいものや価値あるものの買取も行っておりますので、お見積りから値引きをいたします。

緊急を要する場合でも、七福神では即日対応を行っていますので、スピーディーに処分を進めることが可能です。

見積もりは無料で行っており、LINEからのご相談も受付していますので、ぜひ一度ご連絡ください!

web限定割引10%OFF