引っ越しでゴミの処分にお困りの皆様へshinagawa

品川区での引っ越し

引っ越しに伴って出たゴミは、家具・家電、陶器など種類が多いので、処分方法にも迷ってしまいがちです。

引っ越しごみの処分法は自治体によって異なりますが、品川区では、資源ごみを処分種別が「燃やすごみ」「陶器・ガラス・金属ごみ」「資源(ステーション回収)、粗大ごみの4つに分かれています。

ここでは、品川区の引っ越しごみ処理、処分方法について種類別に詳しくまとめました。

品川区でのゴミの処分方法

燃やすごみの方法
 

燃やすごみに分類されるものを一覧にまとめました。

品目

主なゴミ、出す時の注意点

汚れているプラスチック製容器・その他のプラスチック

お菓子の外袋、マヨネーズの容器、洗剤のボトルなど

汚れていないプラスチック製容器について(プラマークがあるもの)は資源へ。

ゴム製品類 皮製品類

ゴム手袋、ランドセル、革靴など

生ごみ

少量の木くず、草、生花

よく水気を切って出す。

紙くず・紙おむつ

汚物は取り除く

USBケーブル

延長コードは陶器ため除外

食用油

凝固剤で固めるか、少量の場合は布や紙にしみこませて出す

 燃えるごみの収集は週2回です。

これらのごみを“中身の見える透明な袋“または、”ふた付きの容器“に詰めて、地域ごとに決められた収集曜日の午前8時までに出しておきます。

小さな袋で複数個のごみを出す場合は、ひとまとめにして出しましょう。

ふた付の容器で出す場合も、直接容器にごみを入れるのではなく、中身の見える袋に入れて出す必要があります。

燃やすごみを一度の回収で出せる量は、45ℓの袋で4袋までと決まっています。

引っ越しなどで一度に大量のごみが出る場合は有料となりますので注意が必要です。

陶器・ガラス・金属ごみの処分方法
 

陶器・ガラス・金属ごみに分類されるものを一覧にまとめました。

品目

主なゴミ、出す時の注意点

陶器・金属類、割れた蛍光灯・電球・刃物・ガラス・鏡など

中身の見える袋に入れる

刃物など危険なものは「キケン」と記載する

カセットボンベ・スプレー缶・ライター

中身の見える袋に入れる

中身が残っているものは「中身入り」と記載する

延長コード

USBケーブルは燃やすごみのため除外

※土砂・砂・石などは収集不可

燃えるごみの収集は月2回です。

これらのごみを“中身の見える透明な袋“または、”ふた付きの容器“に詰めて、地域ごとに決められた収集曜日の午前8時までに出しておきます。

また、不要になった茶碗を1つだけごみに出したいという場合は、“ごみと分かるように”、透明な袋にきちんと入れましょう。

陶器・ガラス・金属ごみを一度の回収で出せる量は、45ℓの袋で4袋までと決まっています。

引っ越しなどで一度に大量のごみが出る場合は有料となりますので注意が必要です。

資源回収(ステーション回収)の処分方法
 

資源回収(ステーション回収)に分類されるごみと処分方法を一覧にまとめました。

品目

処分の仕方

新聞・ちらし

ひもでしばる。新聞回収袋でも可

雑誌

ひもでしばる

段ボール

折りたたんで束ねる

紙パック

すすいで乾かす。内側がアルミはくのものは燃やすごみへ。

紙箱(ティッシュ箱やお菓子の箱)

おりたたんで束ねる。ビニール部は外して燃えるごみへ。

びん(飲料水)

水ですすいで、中身の見える袋orコンテナへ入れる。割れたびんは、陶器・ガラス・金属ごみへ。

缶(飲食用)

水ですすいで、中身の見える袋orコンテナへ入れる。一斗缶は、陶器・ガラス・金属ごみへ。

ペットボトル

水ですすいで、中身の見える袋orコンテナへ入れる。キャップは外して資源ごみへ。

汚れていないプラスチック製容器包装

(プラマークがついているものが対象)

水ですすいで、中身の見える袋に入れる。

汚れが落ちにくいプラ製品は燃やすごみへ。

蛍光灯(割れていないもの)

購入時の筒or新聞紙に包む。

割れないよう、横にして出しておく。

乾電池(単1~単5、角型9V)

中身の見える袋に入れる。

水銀体温計、血圧計

ケースに入れ、「キケン」or「水銀」と記載して出す。割れているものは「キケン」と記載し、陶器・ガラス・金属ごみへ。

資源回収(ステーション回収)の収集は週2回です。

これらのごみを“中身の見える透明な袋“または、”コンテナ“に詰めて、地域ごとに決められた収集曜日の午前8時までに出しておきます。

資源回収は、品目ごとに別の回収車で収集を行っているため、回収時間が異なります。

粗大ごみの処分方法

一辺の長さが約30cm角を超えるものに関しては、すべて粗大ごみ扱いとなります。

そのため、資源ごみとして袋に詰めて処分することができません。

粗大ごみを処分する方法は2つあり、職員が自宅前や粗大ごみ置き場まで取りに行く戸別収集と、持ち込みのいずれかになります。

品川区の粗大ごみ処分方法を3ステップでまとめました。

 

  • Step.1品川区粗大ごみ受付センターに電話申し込み(一部品目は、WEB申し込みが可能)

ここでは、粗大ごみの処理手数料、収集日が伝えられます。

持ち込みの場合は指定日を案内されます。

 

  • Step.2処分に必要な分の「品川区有料粗大ごみ処理券」を購入

粗大ごみの種類によって必要な手数料分のごみ処理券を購入し、ごみに貼っておきます。

粗大ごみ処理券は、区内に340店舗ほどある“品川区有料粗大ごみ処理券取扱店”と記載された商店やコンビニエンスストアで購入可能です。

 

  • Step.3指定日にごみを持ち込むor自宅前やごみ置き場へ出しておく

 〈持ち込む場合〉

日曜日の午前9時~午後4時までに「品川区資源センター」へ粗大ごみを直接持っていき、処分となります。この場合、300円の割引となるため、少しお得です。

持ち込む際は、住所氏名を確認できる身分証明書が必要になり、申し込みをした本人が持ち込まなければなりません。

1日先着200件と、持ち込み件数に限りがあります。

 

〈戸別収集の場合〉

指定日の午前8時、決められた収集場所へ出しておきます。立ち合いは不要です。

粗大ごみは収集がしやすくかつ見えやすいところに置く必要があり、戸建ての場合は玄関や門の前、マンション・アパートの場合は1階の集合玄関や粗大ごみ置き場、ごみ置き場が一般的です。

 

  • 粗大ごみで回収NGのもの

すべてのごみを粗大ごみとして処分してもらうことはできません。

品川区では、以下のものを回収NGとしています。

・家庭系パソコン

・生活家電(洗濯機、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、エアコン、衣類乾燥機など)

・ピアノ

・エレクトーン

・消火器

・オートバイ

品川区内で引っ越しごみにお悩みの方は、七福神へが解決します!

引っ越しごみの種類によって処分方法や回収日が異なるため、すべて処分するのには手間と時間がかかります。

急な転勤や引越し、仕事で忙しい方は、引っ越しごみをどう処分しようか、悩みを抱えている人もいることでしょう。

そんなときは、ゴミ屋敷バスター七福神にお任せください!

引っ越しごみの処分を一括で請け負うだけでなく、中古買取も行っておりますので、お金になるものは見積もりから値引きをいたします。

緊急を要する場合でも、七福神では即日対応を行っていますので、スピーディーに処分を進めることが可能です。

見積もりは無料で行っており、LINEからのご相談も受付していますので、ぜひ一度ご連絡ください!

web限定割引10%OFF