引っ越しでゴミの処分にお困りの皆様へkita

北区で引っ越し費用を左右するのは荷物の量!

引っ越しの時は荷物の量が少ないほど、引っ越し費用を抑えることができます。不用品を処分して減らすと、費用だけでなく引越しの梱包にかかる時間を減らすこともできますよ。クローゼットや食器棚に眠っている実は使っていない荷物や、スキーやスノーボードなどの季節用品、おもちゃや自転車、洋服など、引っ越しのタイミングで不用品を整理整頓をして荷物を減らし、引っ越しの準備や梱包作業も楽にしましょう。

東京都北区で引越しをしなければいけないあなたのために、ゴミ処分の方法を一覧にしました。ぜひ参考にして、不用品を処分してください。

東京都北区が廃棄処分をしてくれるゴミ

東京都北区では可燃ごみ、不燃ごみ、古紙やペットボトル缶ビンなどの資源ごみなどを廃棄処分してくれます。

可燃ごみと不燃ごみは、東京都北区が廃棄処分をします。ゴミを入れる指定の袋はなく、中身が見える袋を使うよう指定されています。ごみの日の朝8時までにゴミ捨て場に出しましょう。

燃えるゴミ
  • 生ごみ(料理で出た食材のゴミなど)
  • 衣類
  • 汚れた紙のゴミ(ティッシュなど)
  • カップ麺の容器
  • プラスチック容器やレジ袋
  • お菓子の袋やレトルト食品のパッケージで、中などが銀色のもの
  • 弁当の容器
  • ビデオやカセットテープ、CD
  • ゴム製品や皮革製品(靴、かばん、ボール、ホース、ゴム手袋など)
不燃ごみ

金属、陶器、ガラスは不燃ごみです。大別すると3種、金属ごみ、陶器やガラスや刃物などの危険物、その他のものです。

金属ごみは、小型家電や金属類です。ドライヤーや時計、計算機や携帯電話、トースターや湯沸かし器は小型家電の一種として不燃ゴミ扱いで区が処分してくれます。

一辺が30cmを超える立方体の家電は粗大ごみとしての廃棄が必要なので、不燃ごみとして収集場所に出すことはできません。パソコンや、家電リサイクル対象品目の家電も不燃ゴミとして区での処分はできません。

電池や蓄電池は取り出して外側の家電部分のみを捨てます。フライパンや鍋ややかんなどは金属ごみです。

陶器やガラスごみは、陶器製の器やカップ、ガラス製のビンやコップやジャム瓶などです。割れているものは新聞紙など紙に包んで表面に「キケン」と表示します。

包丁やカッターなどの刃物も、新聞紙など紙に包んで表面に「キケン」と表示します。

電池は電池で、ライターはライターで、スプレー缶はスプレー缶で、それぞれ個別の袋にまとめておき、混ぜてまとめないようにします。

古紙

古紙は、種類別にひもで束ねます。大別すると4種、新聞やチラシ、雑誌や本、段ボール、ダイレクトメールなど大きさがまちまちの紙ごみです。資源としてリサイクル利用するために可燃ごみとは分けて廃棄することになっています。

新聞やチラシはまとめて束ねる、雑誌や本、段ボールも大きさ別にまとめて束ねる、ダイレクトメールなど大きさがまちまちの紙ごみは紙袋などに入れてから紙袋ごと紐で束ねて落ちないようにしましょう。

ダイレクトメールのフィルムやダンボールの粘着テープ、汚れた紙類は可燃ごみとして処分し、古紙には含めないでください。

ペットボトル・缶・ビン

これらはそれぞれ、資源としてリサイクル利用するために可燃ごみとは分けて廃棄することになっています。

ペットボトルはネット(網状)の回収袋へ、缶は青色のコンテナへ、ビンは黄色のコンテナへ出してください。食材の入っていた缶や、ジャム瓶などもリサイクル回収の対象ですが、汚れを洗ってから出してください。

粗大ゴミ

大きさが1辺30cmを超えているものは粗大ごみです。処分にはまず、粗大ごみ受付センターへの事前連絡(電話もしくはインターネット)と、費用もかかります。

粗大ごみ受付センターへ連絡(電話もしくはインターネット)をして、処分に必要な有料粗大ごみ処理券の種類や枚数を確認し、回収日を確定させます。回収日までに必要枚数を購入し、粗大ごみ収集日の朝8時までに収集場所に捨ててください。

直接持ち込む窓口はありません。費用は400~2,000円かかります。費用は粗大ごみの種類・大きさ・個数に合わせて変わります。粗大ごみ処理券にはA券と呼ばれる200円の券と、B券と呼ばれる300円の券の2種類が存在しており、廃棄する粗大ごみの種類に応じてA券とB券を組み合わせて購入することになり、組み合わせ方も指定されています。ホームページでも確認できます。

東京都北区が廃棄処分をしないゴミ

家電リサイクル対象品目の家電、特殊な製品は廃棄方法が異なります。区による廃棄ができないため、指定の方法に沿って処分をしてください。

家電リサイクル対象品目の家電

テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機は家電リサイクル対象品目であるため、家電リサイクルセンターを通じた処分が必要です。

家電リサイクルセンター( 03-5296-7200 )に問い合わせて、指定の家電リサイクル券の種類と金額を確認し、指定場所で家電リサイクル券を購入することで費用を支払います。収集日、収集方法、収集場所は住まいによって異なるため、家電リサイクルセンターに確認しましょう。

家電リサイクルにかかる費用は、家電の種類と大きさによりますが、最も安い品目でも約5,000円前後はかかります。家電をリサイクルするためにかかる金額と、リサイクルするための場所に運ぶためにかかる金額の合計です。

特殊な製品

パソコン、自動車やオートバイに伴うごみ、消火器などは法律で正しい廃棄方法が指定されています。各製品それぞれに廃棄方法が定められているため、東京都北区による収集や処分はできません。

東京都北区でゴミ処分を行う時の注意点

北区で処分できるものと、できないものがあります。不用品の処分には意外とまとまった時間が必要なので、引っ越しが決まった時点ですぐにとりかかりましょう。

また、北区の処分方法を直接問い合わせる、家電リサイクルセンターに問い合わせる時などは、営業時間に合わせて連絡をしなくてはいけません。ほとんどが平日の朝から夕方までの時間に営業しており、昼は担当者が不在ということもあるので問い合わせをするときは早めに動きましょう。

面倒なゴミ回収は七福神へご依頼ください!

七福神では、ゴミ屋敷の清掃から引っ越しのゴミ回収まですべて行っていますので、粗大ゴミ、家電、ペットボトルの仕分けなど、ゴミ処理のことであればお任せ下さい。

ワンルームや1Kでした3万円~対応させていただいています。

部屋の広さや物の量によって値段は変わりますので、まずはお見積りをお申込み下さい。

ゴミの仕分けや処理・処分は七福神にご相談ください!

web限定割引10%OFF