引っ越しでゴミの処分にお困りの皆様へadachi

足立区で引っ越しのゴミ処理

足立区は23区の北部に区分され、23区の最北端に位置する人口約68万人の街です。足立区は隅田川と荒川に挟まれているのが特徴です。足立区のターミナル駅である北千住駅はJR常磐線や東京メトロの千代田線、日比谷線、東武鉄道など交通の便も良く、23区内でも家賃が安いと言われていますので、一人暮らしの学生や社会人の人にとってはお財布にも優しい街です。

足立区での引っ越し〜ゴミ処理方法〜

足立区ではどのようなゴミ処理のルールがあるのでしょうか。

足立区のゴミ収集回数は燃やすごみが週3回、燃やさないごみ月2回、資源ごみ週1回です。燃やすごみは大体週2が支流なので、週3回は住人にとってはゴミを溜めずに済むので嬉しいですね。

引越しするのにあたり、計画的にごみ処理をしてスッキリ新しい街に引っ越せるようにごみ処理方法について紹介していきたいと思います。

①資源ゴミ

資源ごみとは一般的に再生可能なごみのことです。燃えないごみや燃えるごみ、電池など資源になる物やリサイクルとして生まれ変わる物など中々見分けがつかないかもしれません。安易にごみを出すと環境破壊や火災などに繋がる場合もありますので、迷ったら地域の管轄に問い合わせをするようにしましょう。

  • 資源ゴミの回収日

地域によって回収日が異なります。日程を確認の上、ごみを出すようにしましょう。

足立区の公式ページに資源とごみの収集曜日一覧があるので、そちらを参照すると言いでしょう。

  • 資源ゴミの分け方・出し方

 資源回収:週1回

時間:収集日当日の朝8時までに出してください。「古紙」「びん・缶」「ペッドボトル」はそれぞれ回収時間も異なるので注意してください。また、カセットボンベやスプレー缶は火災の原因にもなる可能性があるので、使い切ってから燃えないごみではなく、びん・缶の回収日に「資源」として出しましょう。

  • 古紙

分け方:新聞、雑誌、段ボール、雑紙(はがき・お菓子の箱など)、紙パック

出し方:種類別にたたんでしばって出す。紙パックは洗って、乾かしたり、切ったりし、束ねて出す。

  • びん・缶

分け方:飲料・食品用に限る

出し方:中をすすぐ。黄色「びん」、青色「かん」のコンテナにそれぞれ入れる。ふたやキャップは材料に応じて分別する。またカセットボンベは、必ず使い切ってから穴を開けずにコンテナに捨てる。

  • ペッドボトル

出し方:中をすすぎ水気を切り、キャップ・ラベルを外して「ペッドボトル」のネット袋(緑または青色)またはコンテナ(緑色)に潰して入れる。

②粗大ゴミ

粗大ゴミの定義は、最大辺がおおむね30㎝以上の物で、家具や布団、電化製品などのご家庭で使用していた耐久消費財を中心とした大型ゴミのことです。30㎝以下のドライヤーなどの小さな家電は不燃ゴミに出せます。家電リサイクル法対象品(エアコン・冷蔵庫・テレビ・洗濯機・乾燥機)や家庭用パソコンは粗大ゴミには該当しません。

また、分解したゴミも粗大ゴミの対象になりますが、会社や店舗で利用していた物は、足立区では回収してくれないようです。

  •  粗大ゴミの出し方
  •  手順1:申し込む

粗大ゴミを出す際は、「粗大ごみ受付センター」かホームページからに申し込みが必要になります。申し込み時に、収集か持ち込みを選択してください。

 

粗大ごみ持込センター

電話番号:03-5296-7000

受付時間:月曜から土曜8時から19時まで(祝日も受付)年末年始やメンテナンス日は除く

インターネット受付もあり

受付時間24時間

 

【持ち込み場所】

白井運輸:足立区鹿浜3−28−7

(受付時間:毎日午前9時から午後4時まで)

 

新井商店:足立区北加平町8−26

(受付時間:土日祝日のみ午前9時から午後4時まで)

  • 手順2:粗大ごみ処理券を購入

足立区内にある「粗大ごみ処理券」(コンビニエンスストアを含む)で購入してください。粗大ゴミの種類・枚数・購入先は、粗大ごみ持込センター(03-5296-7000)で案内します。

 

  • 手順3:粗大ゴミを出す

・収集の場合

「粗大ごみ処理券」に名前または受付番号と収集日を記入します。

予約日の朝8時までに、排出場所に忘れずに出してください。集合住宅の場合は粗大ごみ置き場か1階に。戸建は玄関前に出します。65歳以上の高齢者や身体に障害があるかたは足立清掃事務所に相談してください。

 

・持ち込みの場合

1世帯あたり年度2回まで、1回あたり10個まで無料で持ち込みができます。

事前に粗大ごみ受付センターに3日前までに申し込みをします。持ち込みの場合は必ず身分証明書を忘れずに持って行きましょう。

粗大ゴミの料金

収集:400円から2,800円まで5段階に設定されています。

料金

品物

400円

ふとん、電子レンジ、ビデオデッキ

800円

畳半畳

1,200

畳1畳、シングルベッド

2,000円

マッサージチェア

2,800円

箱物家具(高さと幅が360㎝以上)

他の区では自転車も料金が掛かるところも多いですが、足立区は区内8箇所の自転車移送所にて無料で引き取りをしてくれます。

また、なんと言っても1世帯あたり年度2回まで、1回あたり10個まで無料で持ち込みができるのは嬉しい制度ですね。

家電リサイクル

家電リサイクル法により、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機・衣料乾燥機は区では収集できません。新たに購入する販売店に引き取りを依頼するか、過去に購入した販売店に依頼をしてください。

購入した販売店がわからない場合は、家電リサイクルセンターに問い合わせましょう。また、自分で持ち込む方法もありますが、いずれもリサイクル料や運搬料などもかかりますので、自身でお問い合わせをしてみてください。

【家電リサイクルセンター】

電話番号:03-5296-7200(日曜祝日を除く、午前8時から17時)

【ごみ減量推進課資源化推進係】

電話番号:03-3880-5027

手間のかかるゴミ処分は七福神にお任せください!

足立区では、粗大ごみの持ち込み無料や自転車も無料で引き取ってくれるなどの制度が充実しているのが分かって頂けたのではないでしょうか。

しかし、このゴミは回収出来ないという物も中にはあるかもしれませんし、それ以前に部屋が散らかり過ぎていて、粗大ごみを出すまでに至らないといったお悩みがある方は我々、七福神にお任せください。

足立区で出しそびれてしまった不用品などございましたら、お気軽に相談ください。あなたの新しいスタートが切れるよう七福神は応援しております。

web限定割引10%OFF