ブログblog

さいたま市での不用品持ち込み処分方法は?利用の流れや注意点


不用品の処分方法は自治体によって大きく異なります。
ですから、住んでいる自治体に確認し、適切な方法での処分が求められます。

一方、環境問題への関心の高まりから、不用品の持ち込みを受け付けている自治体も増えています。
さいたま市もその一つで、不用品の持ち込みが可能です。
そこでさいたま市に不用品を持ち込み、処分してもらうための条件等についてをリサーチしました。

さいたま市での不用品持ち込み処分方法は?利用の流れや注意点

さいたま市への不用品持ち込みについて

さいたま市への不用品持ち込みについて

さいたま市では、下記の4か所に不用品を直接持ち込めます。

  • 西部環境センター
    西区宝来52-1
    048-623-4100
  • 東部環境センター
    見沼区膝子626-1
    048-684-3802
  • クリーンセンター大崎
    緑区大崎317
    048-878-0989
  • 桜環境センター
    桜区新開4-2-1
    048-710-6010

西部環境センター、桜環境センターに関してはもえるゴミと燃えないゴミや粗大ごみの搬入それぞれが可能です。
東部環境センターはもえるゴミのみとなっています。
クリーンセンター大崎に関しては燃えないゴミ・粗大ゴミのみです。

さいたま市への不用品の持ち込みには条件がある

さいたま市の不用品持ち込みには、いくつかの条件があります。
決して誰もが自由に利用できる施設ではなく、条件を満たしている人のみが利用できます。
その条件は「さいたま市在住」であることで、受付の際には住所確認があります。
免許証等、住所が記載されているものを提示しなければなりません。
さいたま市在住者以外は不用品の持ち込みは不可能です。

持ち込みに事前予約が必要な場合もある

4つの施設は、平日に関しては予約不要なので好きな時に持ち込みが可能です。
しかし、土曜、祝日、年末に持ち込む場合は予約が必要です。
土曜や祝日、年末は施設が混雑することから予約制となっています。
ちなみに受付時間は下記となります。

  • 月~金曜日
    8:30~12:00
    13:00~16:30
  • 土曜日
    8:30~12:00

土曜日は午前中のみの受付となっている点に注意が必要です。
また、祝日は曜日で判断されます。
もし祝日が月曜日から金曜日に当たっていれば、祝日でも午前・午後と受付可能です。
しかし、祝日が土曜日に当たる場合は午前中のみの受付となります。

持ち込みできない不用品もある

持ち込みできない不用品もある

さいたま市の4か所の施設には、いずれも持ち込み不可の物もあります。
以下で説明する持ち込み不可の物に関しては施設への持ち込みではなく、異なる方法での処理を検討しましょう。

家電リサイクル法に該当する家電品

以下のような家電リサイクル法に該当する家電品に関しては、持ち込みを受け付けていません。

  • 冷蔵庫や冷凍庫
  • エアコン
  • テレビ
  • 洗濯機や衣類乾燥機

該当の不用品に関しては家電リサイクル法に基いた処分が求められます。
ただし、リサイクル料金を支払うことで持ち込み可能な場所もあります。

さいたま市内の下記の3か所が指定取引場所となっています。
不用となった家電製品を持ち込みで処分したいのであれば、先に紹介した環境センター・クリーンセンターではなく、下記の3か所を活用しましょう。

  • SBS即配サポート株式会社岩槻デポ
    さいたま市岩槻区馬込1529-1
    048-748-5304
  • 日通埼玉運輸株式会社 岩槻取扱所
    さいたま市岩槻区上野5-2-19
    048-796-0846
  • 森田運送株式会社首都圏営業所
    さいたま市桜区上大久保1012
    048-749-1071

爆発や火災の危険性や有毒性の不用品

以下のような、爆発物・危険物・毒物は持ち込みに対応していません。

  • 消火器やガスボンベ
  • 石油・ガソリンといった鉱物性油や揮発油
  • 劇薬類
  • 薬品
  • 農薬

これらの処分に関してはさいたま市や不用品回収業者等に相談してみましょう。

粉砕処理が困難な不用品

以下のような粉砕が難しい不用品に関しても持ち込みに対応していません。

  • バイクのエンジン部分
  • ピアノ
  • 耐火金庫
  • 10センチメートル以上の径、あるいは90センチメートル以上の長さの木

上記に該当するものを処分したい場合は、さいたま市、あるいは不用品回収業者等に相談してみましょう。

解体作業によって生じた不用品

家屋の解体によって生まれた土砂やコンクリート、廃材も持ち込みに対応していません。
また、園芸用の石や土に関しても同様です。
これらを処分したい場合には廃材業者、あるいは不用品回収業者等に相談してみましょう。

その他の持ち込み対応不可の不用品

上記以外にも、最大の辺、あるいは直径が2メートル以上の大きなゴミ、さいたま市が個別に収集している粗大ゴミよりも大きなゴミ、そしてさいたま市外からのゴミも受け付けていません。

不用品持ち込みの料金

さいたま市に4か所用意されている施設は持ち込みが可能ではありますが、以下のように費用がかかるケースがあります。

  • スプリング入りのマットレス:1,650円
  • スプリング入りのソファー(一人掛け用):550円
  • スプリング入りのソファー(二人掛け用以上):1,650円
  • 物干し台(コンクリート台つき) :550円
  • バッテリー:550円
  • タイヤ:550円
  • ホイール:550円

上記は一品当たりの金額になります。
例えばスプリング入りのマットレスを二つ持ち込み処分する場合、1,650円×2個分の3,300円必要になります。

また、上記以外に関しては重量にて料金が変わります。
持ち込み総重量が100kg未満の場合、無料です。
しかし100kgを超える場合、10kgにつき22円の料金が発生します。
例えば総重量が100kgの場合は220円です。

さいたま市の不用品持ち込み施設を利用するメリットとデメリット

さいたま市の不用品持ち込み施設を利用するメリットとデメリット

さいたま市では費用がかかるケースもあるとはいえ、持ち込みで不用品を処分できます。
そのメリットとデメリットとしては主に下記が挙げられます。

さいたま市で不用品持ち込み施設を利用するメリット

平日であればいつでも好きな時に不用品の処分が可能です。
しかも、100kgまでであれば無料なのも助かります。
引っ越しが急に決まって不用品の処分が間に合わない場合も助かるでしょう。

また、リサイクルショップに買取をお願いするほど高価なものではなく、処分したいだけの場合も有効な手段となります。
さいたま市在住であれば気軽に利用できる点もメリットでしょう。

さいたま市にて不用品持ち込み施設を利用するデメリット

デメリットとして、大前提として不用品持ち込みには車が必要です。
マイカーを所有していれば気軽に利用できます。
しかし、マイカーを保有していない場合は持ち込みに使用する車の手配から行わなければなりません。

また、持ち込み不可の物があるのも重要な懸念ポイントです。
持ち込み不可の物を処分することを考えている場合には、他の方法を模索することになります。

受付対応時間に制限があることもデメリットに感じてしまうかもしれません。
平日であれば夕方まで対応していますが、平日が仕事の人には利用が難しい受付時間です。
土曜日も受け付けていますが、午前中のみの受付となっており、かつ予約が必要です。
ですから、ふと思い立った時に利用することはできません。
土日休みの人にとっては、利用するシチュエーションが限られるでしょう。

さいたま市の不用品持ち込みを有効活用しよう

さいたま市の不用品持ち込みを有効活用しよう

さいたま市では4か所にて不用品の持ち込みを行っています。
100kg未満であれば無料での利用も可能ですから、覚えておくことで不用品を処分する際に役立てることができます。

一方であくまでもマイカーで持ち込むことになりますので、マイカーの有無によって利便性は異なります。
マイカーをお持ちで、かつ平日に休みが取れるのであれば気軽に有効活用できます。
不用品の処分で迷っているさいたま市の方は、選択肢として覚えておくのもよいでしょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=