ブログblog

写真のお焚き上げを自分でする方法は?難しい場合の依頼先も紹介


家族の遺品整理の際に出てくる大量の写真やアルバム。
「整理したいけど、どのようにすれば良いか分からない」
「故人の想いが詰まっていてなかなか捨てられない」
と、処分に困ったことがある方も少なくないでしょう。

そのような場合、日本でも古来から行われている物を火で燃やして天に返す「お焚き上げ」の儀式を行ってから処分することをおすすめします。
お焚き上げは神社やお寺で行うもの、というイメージがありますが、自宅でも簡単に自分で行うことができます。

この記事では、写真のお焚き上げを自分で行う方法を解説すると共に、お焚き上げを自分で行うことが難しい場合の依頼先についてもご紹介していきます。
ぜひ、個人を偲びながら写真を整理される際の参考にしてください。

写真のお焚き上げを自分でする方法

お焚き上げとは

写真のお焚き上げとは

お焚き上げとは、亡くなった方の想いがこもった品物やお札、お守りなど役目を終えたものを火で燃やす宗教儀式のことです。
日本では古来から物には魂が宿ると考えられてきました。
しかし、どんな物にもやがて終わりは来ます。
役目を果たし、終わりを迎えた物を火で燃やすことでけがれのない清い状態に戻し、天に返すのがお焚き上げなのです。

お焚き上げはなぜするの?

お焚き上げは必ずしなくてはいけないものではありません。
しかし、古くから目に見えないものを大切にする日本の文化には、お焚き上げに浄化や供養の意味がありました。以下の章では、浄化や供養の他にお焚き上げにはどのような効果や意味があるのか紹介していきます。

お焚き上げはなぜするの?①故人への届けもの

お焚き上げは故人の所有していた物を亡くなった方へ届けると言われています。
棺に故人のお気に入りの物を入れるのもこのためです。
つまり、写真をお焚き上げするということは写真やその思い出を故人へ届けるという意味があるのです。

お焚き上げはなぜするの?②気持ちの整理

故人の想いがこもったものを手元に置いておくと、故人を思い出して寂しさを感じたり、思い出に心が引っ張られなかなか前に進めなかったりすることがあるものです。
人生を前向きに歩んでいくためにも、過去の思い出や故人の持ち物に感謝して手放すことで気持ちが軽くなり、新たな一歩を踏み出しやすくなると言われています。

お焚き上げはなぜするの?③悪縁を切る

お焚き上げには浄化の力があるため、悪縁を切るとされています。
何かご自身に悪いことが起きた際には、その関連している物をお焚き上げすることで悪縁を切り、新たな良縁が結ばれていくでしょう。

写真をお焚き上げする前にすること

故人とは全く関係のない風景や建物の写真など結びつきがあまり感じられない物については、自分で可燃ゴミとして処理しても特に問題はありません。
お焚き上げをするのにはそれなりの時間と労力がかかるため、お焚き上げする写真と可燃ゴミとして廃棄する写真を事前に仕分けることをおすすめします。

もし、家族写真や故人が写っている集合写真など、手元に残すか自分でお焚き上げをするか判断に迷う場合には、データ化して保存するのもおすすめです。
最近では、スマートフォンを利用した無料で簡単にスキャンできるアプリなどもあるので、ぜひご自分にあったものを探してみましょう。

自分で写真のお焚き上げをする方法

神社やお寺に行かなくとも、自分で写真のお焚き上げをすることができます。
以下の章では、実際にどのように故人の写真を自分でお焚き上げするのか、ステップごとに解説していきます。

自分で写真のお焚き上げをする方法ステップ①使う物を揃える

写真のお焚き上げを自分で行うために、まずは必要な物を準備します。必要なものは下記の4つです。

  • お焚き上げをする写真
  • 白い紙(白い布でも可)
  • 火をつけるためのライターまたはマッチ

自分で写真のお焚き上げをする方法ステップ②白い紙で写真と塩を包む

白い紙の上にお焚き上げを行う写真と塩をのせ、紙で包みます。

自分で写真のお焚き上げをする方法ステップ③火をつける

白い紙で包んだ写真に火をつけます。

自分で写真のお焚き上げをする方法ステップ④感謝して手を合わせる

たくさんの思い出をくださった故人に感謝をし、手を合わせます。

写真のお焚き上げを自分たちでする親子

自分で写真のお焚き上げをする際の注意点

簡単に自分で行うことができるお焚き上げですが、近年では消防法や道路交通法、各市区町村で制定される条例などによって、庭先での焚き火が禁止されている場合があります。
自分で写真のお焚き上げを行う際には必ず事前に確認しましょう。

写真のお焚き上げを自分で行うのが難しい場合には?

お焚き上げしたい写真やアルバムが大量にあり、自分でお焚き上げを行うのが難しい場合には、神社やお寺、専門業者に依頼するのがおすすめです。
次の章では、具体的な依頼先や依頼方法を紹介します。

写真のお焚き上げを自分で行うのが難しい場合には?①神社やお寺に依頼する

自分でアルバムや写真のお焚き上げを行うのが難しい場合には、神社やお寺に依頼しましょう。
しかし、全ての神社やお寺でお焚き上げができるわけではないので、依頼する前にメールや電話で確認することが大切です。
メールや電話で予約申し込みまでできるところがほとんどで、実際のお焚き上げを行う際にはその予約日までに自分でアルバムや写真を持ち込むか、郵送で届けます。

写真のお焚き上げを自分で行うのが難しい場合には?②専門業者に依頼する

家の近くにお焚き上げできる神社やお寺がなく、どこに連絡したら良いかわからないという場合には、お焚き上げの専門業者へ依頼するのがおすすめです。
お焚き上げ専用のBOXやレターサイズの箱を購入し、写真を自分で入れて送るだけなので、自宅から簡単に手配することが可能です。

写真のお焚き上げを自分で行うのが難しい場合には?③清掃業者に依頼する

写真のお焚き上げを自分でする女性

清掃業者の中には、遺品の整理を依頼できる業者もあり、写真や思い出の品などの供養も提携先の神社仏閣で行うサービスを提供しているところもあります。
遺品の整理をしながら同時に掃除やゴミの処分、お焚き上げまで依頼したい場合にはおすすめです。

まとめ

写真のお焚き上げを自分でする方法のまとめ

この記事では、自分で写真のお焚き上げをする方法や自分でお焚き上げできない場合の対処法について説明してきました。

故人が残した写真を整理し、お焚き上げを通して手放していくということは家族にとってもその思い出に向き合い、新たな一歩を踏み出すきっかけにもなります。
まだ整理ができていない故人の写真をお持ちの方は、まずは処分するものと手元に残すものを仕分けるところから取り組んでみましょう。

また、アルバムや写真が大量にあり自分でお焚き上げを行うのが難しい場合には、神社やお寺、専門業者へ依頼するのも良いでしょう。
写真を整理することで心のゆとりにも繋がります。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=