ブログblog

不用品回収の料金、少しでも安く済ませる方法は?


引っ越しや遺品整理などで不用品回収業者へ依頼したいけれどできる限り安く済ませたい、よくある料金プランや料金体系を知りたいと思われている方も少なくないでしょう。

この記事では、不用品回収料金を少しでも安く済ませるためのコツや、不用品回収業者を選ぶポイントを詳しく解説します。

不用品回収の料金見積もりをする業者

不用品回収業者に依頼するメリット

不用品回収の料金を少しでも安く済ませる

不用品回収業者に依頼するメリットは、不用品を手早く簡単に片付けられるという他、業者によっては不用品の買取や解体、遺品の整理まで依頼することも可能です。
具体的な不用品回収業者に依頼する際のメリットを以下の章で説明します。

不用品回収業者に依頼するメリット①日程調整したその日に処分可能

自治体で不用品回収を依頼すると、自治体の指定する日に不用品を出す必要があり、場合によっては1ヶ月後の引き取りを指定されることもあります。
一方で、不用品回収業者に依頼した場合、日程調整したその日に処分することが可能なため、仕事で忙しい期間や連休を避けて処分するなど時間を効率よく使えます。

不用品回収業者に依頼するメリット②自宅まで取りに来てもらえる

自治体の不用品回収の場合、その回収場所まで不用品を自分の手で運ぶ必要がありますが、不用品回収業者に依頼すると依頼主のスケジュールに合わせて不用品を自宅まで取りに来てもらえます。
特に一人で移動させるのが難しいベッドマットやタンスなど大型の家具を処分する際にも安心です。

不用品回収業者に依頼するメリット③不用品の買取をしてくれる

もし不用品の中に新品の家電やブランド品、その他売却価値のあるものがある際には、品物の買取りをしてもらえます。
その買取で発生した費用は、不用品回収にかかった請求代金から値引きしてもらえるため、費用を安く抑えることにつながります。

最近では、ネットオークションやフリマアプリを利用して自分で不用品を売ることも可能ですが、商品を出す際の写真撮影から問い合わせ対応、段ボールに詰めての配送準備まで全て自分で行わなければならないため、手間と時間がかかります。
その分、不用品業者は査定から運び出しまで一括で行うため時間や手間がかかりません。

不用品回収業者に依頼するメリット④遺品整理やゴミ屋敷清掃など特殊な不用品の処分も一気に片付く

不用品回収をする業者

遺品整理やゴミ屋敷の清掃を自分で行う際に困るのが家電や家具の廃品処理手続きや、大量のゴミ分別です。

特に、テレビや冷蔵庫、エアコン、洗濯機を処分する場合、家電リサイクル法により自治体での回収ができないため、リサイクル業者への依頼や購入元への引き取りを依頼する必要がありますが、不用品回収業者に依頼すると、このような大型家電や家具も家庭ゴミと合わせて一気に片付けることができるので、効率的です。

不用品回収業者に依頼するデメリット

不用品回収業者に依頼するデメリットは、ゴミを処分するのにお金がかかることです。
自治体の不用品回収サービスを依頼するよりも割高となるため、手間や時間がかかっても1円でも安く済ませたい、という方は不用品回収業者を利用しないほうが良いでしょう。
他のデメリットについて以下の章で説明します。

不用品回収業者に依頼するデメリット①不用品の数が少ないと割高になる

不用品の数が少ない場合には、自治体の不用品回収サービスを利用するより圧倒的に高くついてしまうので、少しでも安く済ませたい方は不用品回収業者への依頼は避けた方が良いでしょう。

不用品回収業者に依頼するデメリット②悪質業者の存在

不用品回収業者の中には悪質業者が存在していることも事実です。
無許可で不用品回収を行い、積み込んだ後で高額請求をしたり、集めた不用品を不法投棄したり、強引に買取を強行したりなど、トラブルとなる可能性もあるので注意が必要です。

このような悪徳業者は、不用品回収の料金を無料と宣伝したり、車で巡回している傾向があります。
値段が安く手軽だからいい、と安易に選んでしまうと危険ですので、事前に不用品回収業者のホームページなどをしっかり確認してから依頼するようにしましょう。

不用品回収業者を選ぶ際のポイント

不用品回収業者を選ぶ際に料金の安さやサービスの質も大事ですが、最も大切なのは信頼して任せられるかどうかです。
料金を安く済ませたいからと、質問や問い合わせなどの返答も遅く、対応も不親切な業者とのやりとりはストレスになる上、トラブルが発生する確率も高いので避けた方が無難でしょう。

不用品回収料金を安く済ませるためのコツ

不用品回収の料金を少しでも安く済ませるコツ

不用品回収料金を安く済ませるには不用品回収の作業工程にかかる時間を減らすなどの事前の準備が欠かせません。
以下では、少しでも料金を安くするためのコツを詳しくご紹介します。

不用品回収料金を安く済ませるためのコツ①自分でゴミを処分する

不用品回収料金を安く済ませるために真っ先に行うべきなのがゴミをなるべく減らしておくことです。
そもそも、不用品回収料金を構成している項目は大きく分けて3つあり、①人件費、②車両費、③処分費用です。
その中でも人件費は一番大きい割合となるため、仕分け作業や運搬作業、解体作業など作業を行う人の時間が短いほど、料金も安く抑えられます。

不用品回収料金を安く済ませるためのコツ②買取料金が発生しそうな家電や家具は清掃して単価料金UPを狙う

不用品回収業者の買取が期待できる家電や家具は、清掃して買取金額の料金UPを目指しましょう。
買取料金が高いほど、不用品回収料金全体の費用が安く済みます。買取料金を上げるためには、購入した際の箱や取扱説明書なども用意しておくと料金UPにつながります。
また、電化製品であれば製造後5年以内のものが高額料金で買い取られる傾向にあります。

不用品回収料金を安く済ませるためのコツ③相見積もりをとる

不用品回収料金を安く済ませるために、最低3社相見積もりをとり、サービス内容や料金を比較しましょう。
その際、あまりにも相場より料金が安すぎる業者は前述の悪徳業者の可能性があるため注意が必要です。

見積もりの際、直接下見に来る不用品回収行者がほとんどですが、中には電話で品目を聞いただけで概算として安く見積もりを出し、後日追加料金という形で請求されるケースもあるので事前に確認しましょう。

不用品回収のよくある料金プランや料金体系

不用品回収業者の料金プランや料金体系は大きく分けて3つあります。
その代表的な3パターンを以下にご紹介します。

不用品回収のよくある料金プランや料金体系①軽トラックの積み放題プラン

よく見られるプランの一つが軽トラ1台分の積み放題プランです。
積み放題といっても、荷崩れを起こさないよう高さ制限がある場合がほとんどですので、具体的な積載量については事前に業者へ確認しましょう。
軽トラ1台分の積載量の目安はゴミ袋(45リットル)10個、衣装ケース5個、タンス、ベッドなどを合わせた分量です。

不用品回収のよくある料金プランや料金体系②基本料金+品目ごとの料金

基本料金を設定している不用品回収業者は、それぞれの家具や家電の品目ごとに料金を設定しています。
基本料金の相場は3,000円〜5,000円のところがほとんどです。
そこに、タンス〇〇円、ベッド〇〇円と品目ごとの単価がプラスされます。

不用品回収のよくある料金プランや料金体系③トラックの占有割合や物量

トラック荷台を占有した不用品の割合や物量によって料金を決めるケースもあります。
品目ごとに価格が設定されていないため、業者は事前に下見をし、見積もりを出すところがほとんどです。

まとめ

不用品回収の料金を安く済ませた女性

不用品で溢れた部屋は部屋が狭くなり行動範囲を狭めたり、埃がたまりやすく衛生面で体に悪影響を及ぼす可能性があるため、早めに対処した方が良いでしょう。

この記事では、片付けを不用品回収業者に依頼するメリット・デメリットから、少しでも不用品回収料金を安くするためのコツなどについて解説してきました。

不用品を処分することで、不用品のない快適な生活環境を送ることができます。
ぜひ、記事を参考に少しでも安く、質の良い不用品回収業者を探されてみてください。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=