ブログblog

ゴミ屋敷の種類と清掃業者の選び方のコツ


皆さんはゴミ屋敷と言われたらどのようなイメージを思い浮かべるでしょか。おそらく大抵の人がイメージするのは庭までゴミで埋め尽くされている家のことだと思います。確かにその通りですが、実はゴミ屋敷にも様々な違いがあるのです。

 

 

 

  1. ゴミ屋敷の種類

『男性女性での違い』

男性女性では溜め込むゴミの種類が違います。

 

 

 

〇男性は主に空き缶タバコの吸殻雑誌DVD生活ゴミ、弁当の空箱、ペットボトルが目立ちます。

〇女性は主に化粧品生理用品生ゴミ生活ゴミ、弁当の空箱、ペットボトルが目立ちます。

 

 

もちろん性別上使うものが違うということもありますが、男性はどちらかというと物を“集める”という特徴、逆に女性はどちらかというと物を“捨てない”という特徴が考えられます。

『ゴミ屋敷年数での違い』

ゴミ屋敷は見た目こそほとんど同じですが、当然のことながら年数によってゴミの容積は圧倒的に違います。

例えばAさんの家はゴミ屋敷期間が1胸の高さまでゴミがあるとします。Bさんの家はゴミ屋敷期間が10胸の高さまであるとします。どちらとも見た目の高さは同じ胸の高さですが、Bさんの家の方は約10年分のゴミが下に圧縮され、ミルフィーユのような状態になっており、容積は倍以上も変わってきます。

 

  1. 清掃業者の選び方

『清掃業者の種類』

清掃業者にはゴミ屋敷に特化した専門業者と幅広く多くのことを手がけるその他業者があります。まずこの二者にはゴミ屋敷清掃に対するノウハウに大きな違いがあります。専門業者は月に数回、数十回とゴミ屋敷案件をこなしますが、その他業者は様々な依頼のうちの一つとしてゴミ屋敷案件しているのでそんなに多くのゴミ屋敷案件をこなしているわけではありません。つまりその他業者で起こりがちなのは、どこから手をつけていいか分からず、専門業者よりも時間が倍以上かかってしまうということです。そうなるともちろん費用も上がってしまうことになります。逆に専門業者はノウハウを兼ね備えているため、手際よく作業を進め、短時間で終えることが可能です。また短時間で終えられることはお客様の費用を抑えられるだけでなく、お客様の精神的負担軽減にもつながります。


『清掃業者を選ぶコツ』

 ではいざ清掃業者を選ぶ際に何を基準に選べば良いのかをお教えします。

 まず見積の際に清掃業者が伺うべきポイントがあります。

 ・部屋の間取り

 ・年数

 ・階数

 ・トラックを停められるスペースの有無

 ・集合住宅の場合エレベータの有無

 ・導線のおよその距離

 以上のポイントを伺わない業者は正確な見積金額を出せず、当日になって追加料金を請求されるということが起こりかねません。

 次に見積もり金額が圧倒的に安い業者も選ぶべきではありません

例えばA社は50万円、B社は45万円、C社は15万円という見積金額だったとします。誰だって安いに越したことはありませんが、2社は近い金額であるのに対し、1社だけが異常に安い。この場合C社は回収したゴミを不法投棄して正規に処分していないか、作業を開始し、次から次へとオプション料金を上乗せしてくるような悪徳業者の場合が多いのです。

またA社、B社で選ぶ際は金額よりも電話対応の善し悪しで決めると良いでしょう。ファーストアクションはその業者の色とも言えるものです。5万円の差なら電話対応が良い方が実際の作業対応も良く、納得した形で依頼できるはずです。

 業者を選ぶ際は是非参考にしてみてください。

 

 

 

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF